コンテンツへスキップ

Vermeer in London

今回のロンドン訪問では、National Galleryで2点、Kenwood Houseで1点のフェルメールを見ましたが、ロンドンにはもう1点フェルメールの作品があります。

その1点(音楽の稽古)はバッキンガム宮殿のステート・ルームにあります。バッキンガム宮殿に住まわれる女王夫妻がスコットランドの宮殿に住まわれる7月下旬から9月下旬の間にのみ一般に公開されるということで、この作品を見るのは何年後かの夏にロンドンを訪れた時ということになるのでしょうか。

バッキンガム宮殿隣のクイーンズ・ギャラリーでフェルメールが見られると書いてある旅行ガイドもありますが、オランダ絵画等の企画展が開催され、『音楽の稽古』が展示される場合を除いて、クイーンズ・ギャラリーでは『音楽の稽古』は見れないようです。

因みにNational Gallery of  Scotland及びNational Gallery of  Irelandにもそれぞれ1点のフェルメールがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です