コンテンツへスキップ

今年の1月1日から6月30日までに読んだ本や観た映画・展覧会のmy top 7です。映画も美術展にもあまり行けてる訳でもなく、本当はtop10にしたかったのですが。(今開催中の『ベルリン国立美術館展』、『マウリッツハイス美術館展』、『バーン=ジョーンズ展 -装飾と象徴-』にもまだ行っていません) top 7の中での順位付けはしていません。

2

最近、電車の車内広告で「ほぼスマホ」が目立つ。BIGLOBE 3Gが利用できるデータ通信専用スマホのようだ。電話はできないが、ネットもメールもアプリもでき、モバイルルータ(テザリング)としても利用できるということらしい。

この広告を見て、『「スマホ」の「ホ」は「(テレ)フォン」の「ホ(フォ)」だよね、言語矛盾じゃないの。だから「ほぼスマホ」です。と言われれば、その通りなのだが・・』と思いつつ、いつものようにここで脱線(電車がではありません)。

室町時代に「ははには二たびあいたれども ちちには一度もあわず」というなぞなぞがあります。答えは「くちびる」です。この時代、「はは」はくちびるを合わす「ふぁふぁ」という発音だったようなのです。日本語には唇を使う発音が退化していったという法則があり、「は」音の発音は「パ→ファ→ハ」と変化したようなのです。

「スマートフォン」を略して、「スマフォ」と言う代わりに「スマホ」と言うのも納得ですね。

ところで、「母(はは)」は「ふぁふぁ」と発音された時代よりもっと前には「パパ」と発音されたのでしょうか。

参考:は行音について

最近、電車の車内広告で「ほぼスマホ」が目立つ。BIGLOBE 3Gが利用できるデータ通信専用スマホのようだ。電話はできないが、ネットもメールもアプリもでき、モバイルルータ(テザリング)としても利用できるということらしい。

この広告を見て、『「スマホ」の「ホ」は「(テレ)フォン」の「ホ(フォ)」だよね、言語矛盾じゃないの。だから「ほぼスマホ」です。と言われれば、その通りなのだが・・』と思いつつ、いつものようにここで脱線(電車がではありません)。

今は、佐世保は「させぼ」という人が多いと思いますが、地元では「させほ」という呼び方もあるようです。(佐世保市のホームページの「佐世保地名の由来」を参照下さい)

佐世保の人に、どっちが正しいのかと聞くと「サセボですけれど、サセホという人もいます。どちらだっていいんです。ホボ同じですから……」と答えるというのは、外山滋比古著「ユーモアのレッスン」(中公新書)からのパクリです。

今日の朝食の時に母に、「これなあに?」と聞かれました。「ひえー」、電子レンジの中にあった「タマネギをみじん切りしバターを乗せチンしたもの」です。昨晩、ロールキャベツを作って冷凍しておこうと思い、電子レンジでチンしながら、ロールキャベツのタネのひき肉に混ぜるのを(電子レンジでチンしたことさえ)忘れていました。「ひえー」。

でもこういう老化現象は最近しょっちゅうなので驚きません。誰かさんが停電をブラックアウトと言うように、老化をエイジングと言ったりもしません。

ベルリン国立美術館展マウリッツハイス美術館展とフェルメール関連の美術展が開催されることに関連してフェルメール関連のTV番組が放送されるようです。

Euro2012開催国のウクライナのシェフチェンコ(Shevchenko)の初戦スウェーデン戦での素晴らしいゴールで注目の「ウクライナ vs フランス」戦。豪雨の中で始まった試合は落雷の危険を避けるため、前半4分頃一旦中断、1時間後に再開しました。中断中は録画しておいてまだ見ていない「スペイン vs アイルランド」を見ていました。 と書き始めましたが、この記事はいろいろ調べながら書かなければならないので、このブログもここで中断。記事が完成してから公開では、いつになるか分からないので、今回は記事を少しずつ追加・変更する毎に公開することにします。

... "シェフチェンコ" を続けて読む

最寄りの上尾駅で通勤に利用する朝の電車。大体同じ時間の電車を利用していますが、同じ電車を通園に利用している母娘がいます。先日、ぎりぎりの時間にこの電車に乗り込んだら、この母娘と同じ車両になりました。「あさがおみつけたよ」というかわいい声が聞こえました。「もう朝顔?。早咲きの朝顔を見つけたのかな」と思っていたら、少したってから、また「あさがお」という声が。「あじさい」でした。お母さんは「いっぱい咲いているね」とだけ答えました。

  1. その花は季節の花で毎年同じ時期に咲きます
  2. いっぱいの花が咲きます
  3. 花の色は濃い紫からピンクまでいろいろです
  4. 花の名前は「あ」で始まります
  5. 名前の中には「あ」と「さ」があります

紫陽花を見て、「あさがお」と言うのも納得。

4年に一度のヨーロッパの美女を見る1ヶ月がまた始まりました。今日は土曜日なので昼間寝れば良いのですが、明日は地元の運動会があるので、体が持ちそうにありません。それにしても今日の開幕戦、ショパンの調べを奏でることはできませんでしたね。ロシアの決定力の前にはポルカもリズムを刻めませんでしたね。

見逃してしまったサイタマノラッパーが3作品纏めて、下高井戸シネマで8月に上映されます。今度こそ見ないと。

  • SR サイタマノラッパー 8/13(月)〜8/15(水)21:15
  • SR サイタマノラッパー2 8/16(木)〜8/18(土)21:15
  • SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者 8/18(土)〜8/24(金)18:50 、8/27(月)〜9/1(金)21:10

2

昨日のオマーン戦はメインスタンドローアーのホーム側ゴールラインの延長線上のあたりで観戦していました。

エスコートキッズ
エスコートキッズ

エスコートキッズ、小さい子から小学校高学年の子までバランスよく揃え、しかも身長順に入場してきたようで、選手と一緒に並んだら、中央が凹のきれいな緩やかなV字型になっていました。スマホで撮った画像なので分かりにくいですが。

月はどっちに出ている
月はどっちに出ている

バックスタンド後方には月が。満月一歩手前でメインスタンド側から見ると、肉眼では大きくきれいに見えていました。

「ゲームの内容にはコメントしないのかって」「もちろんです」