図書館のお題3題 その1

今日は久しぶりに下高井戸シネマで映画観賞ですが、
やってもうた。

12時開始の映画を見る為、京王線11:33新宿発普通電車に乗り、下高井戸着11:43、映画館には11:45着の筈でした。
明大前(下高井戸)を通過したら、「次は千歳烏山」の車内アナウンスが(下高井戸は明大前の次の駅です)。そう言えば、11:32新宿発に乗ったよね。
どうやら準特急だったようです。千歳烏山に着いたら、ちょうど上りの新宿行き準特急が来たので明大前で戻り、下りプラットホームに行き、電光掲示板を見たら、11:54発特急、11:56発準特急です。その次の普通に乗れば、見る予定の映画上映前の予告編の頃に入館できるかも・・・。
11:54発特急が発車した後の電光掲示板は、11:56発準特急、12:00発準特急。もうダメだ。
もうダメだと思ったのですが、11:56発の電車の次の停車駅は下高井戸とアナウンスが流れました。今、この記事を書く為に調べたら、11:56発は橋本行き快速で快速は下高井戸にも停車するようです。
慌てて、この電車に乗り、無事映画を見ることができました。

そうそう、この記事の主題は以上の「やってもうた」の顛末ではなく、「見た映画『パブリック 図書館の奇跡』が面白かった」でした。こんな内容の映画だったのね(どんな映画かも全然知らずにタイトルだけで見ることにした映画なのです)。

それと、ちょっとビックリしたのは、『パブリック 図書館の奇跡』が終わって、劇場ホールから出たら、次の上映を待っている人がすごく大勢いたこと。次の映画は「三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実」。

ちょっと気になるなでしこ選手

なでしこリーグの選手でちょっと気になる(というか大分気になる)のが浜野まいか。
なでしこリーグの試合で実際に見たのは1回だけなのですが、良い選手だな思いました。
セレッソ大阪堺レディースの選手で、2004年5月9日生まれなので、現在(2020年10月20日段階で)16歳。
自分が見た試合でも先発で出場していて、そのスピードで相手DFを混乱させていました。

I met the cosmic dog again. (宇宙犬にまた逢えた)

大学時代、寄り道して竹橋の国立近代美術館に行くのが好きでした。当時はコレクションとして、(my favoriteとして)以下のような作品が展示されていました。

  • 古賀春江  海
  • 北脇昇   空港
  • 高松次郎  影
  • 福田平八郎 雨

そんな展示の中で一番好きだったのが「須田国太郎 犬」。須田国太郎の作品は「犬」または「法観寺塔婆」が展示されていましたが(記憶が定かではないので、両作品が共に展示されていたかもしれません)、特に好きだったのが「犬」。赤い目をしたこの「犬」を勝手に「宇宙犬」と呼んでいました。

ですが、時は流れ、展示される作品も変わり、この作品は展示されていません。

「この作品はもう見られないかも」と思っていたのですが、なんと京都市京セラ美術館で開催中の「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編」(の「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」−「洋画 1940年代-1970年代」)で『宇宙犬』に逢えたのです。

アレクサ 冷凍食品の日って何?

前から実店舗に行って購買したいと思っている「ピカール」、今日サイトを覗いてみたら、

10月18日は「冷凍食品の日」
ピカール史上初!投票で人気ランキングを決定
ファン1,404名が選んだ”ピカール人気商品総選挙”結果発表

「アレクサ 冷凍食品の日って何?」と聞いたら、「こんな説明が見つかりました。・・・かくかくしかじか・・・」と何故、10月18日が冷凍食品の日なのか教えてくれました。

「ねえグーグル 冷凍食品の日って何?」と聞いたら、「Wikipediaによると、・・・かくかくしかじか・・・」と答えてくれました。

アレクサもWikipediaを参照しているのかも。Siriにも聞いたら「・・・かくかくしかじか・・・ Wikipedia」と表示されました。

おっと。今日10月18日は63歳で亡くなった父の命日でありました。すっかり忘れていました。おっとっと、命日ではなく誕生日でした。

のっぺいうどん & 上田秋成 (その2)

ひとつ前の投稿で南禅寺近くの一休亭でのっぺいうどんを食べた事を書きました。南禅寺の参道には12時半頃行って、一休亭の場所と店の雰囲気・混み具合を確認し、13時半頃にお店に入る計画でしたが、お店を発見するのに時間がかかるかもと思っていましたが、参道に入ってすぐの所の細い道の入り口に「うどん」の幟があり、お店はすぐ見つかりました。店内を窺うとちょっと混んでそうなので、お店の周辺をちょっと散策と思い、そのまま進むと西福寺というお寺があり、寺の入り口の所にこの寺に上田秋成の墓があるという案内板がありました。

What a coincidence!

つい最近、西條奈加の「雨上がり月霞む夜」(上田秋成の「雨月物語」を素材とした小説)と日本古典文学体系の「上田秋成集」(岩波書店発行)所収の「雨月物語」読んだばっかりだったのです。

のっぺいうどん & 上田秋成 (その1)

週中(しゅうなか)1泊旅行(2020/1o/14(水)〜15(木))の2日目(15日)のプランではお昼(ランチ)は南禅寺近くの一休亭の「のっぺいうどん」です。そもそも「のっぺいうどん」の存在を知ったのは朝日新聞夕刊の連載「いいね!探訪記」の2020年10月3日の南禅寺周辺の紹介記事((いいね!探訪記)アーチで交わる、文化の流れ 南禅寺・水路閣)なのです。

7月にやはり週中1泊旅行で京都を訪れた際、平安神宮・京セラ美術館・京都市動物園のある京都府左京区岡崎のエリアを訪れた際平安神宮へ行く途中で見つけた「お福」で食べた「お福うどん」が大変美味しく、次に京都へきた時も関西風のうどん・そばを食べたいと思っていたのです。

7月の京都行で南禅寺は岡崎のエリアから歩いて行けることを知ったので、今回は午前から午後にかけての岡崎周辺行で昼食は一休亭に行くプランとしました。

埼玉県人の私にとっては初めての「のっぺいうどん」で、大変美味しかったですが、「のっぺいうどん」がある地域でも「のっぺいうどん」の内容にはバリエーションがあるようですね。

2020年上期 My Top 10

今年の1月1日から6月30日までに行った展覧会、映画、読んだ本のmy top 10です。top 10の中での順位付けはしていません。

  • ハマスホイとデンマーク絵画
  • 奇才 −江戸絵画の冒険者たち−
  • ちびまる子ちゃん展
  • 神宮希林 わたしの神様
  • ゆうやけ子どもクラブ!
  • エッシャー 視覚の魔術師
  • 杉本博司 苔のむすまで
  • シャロン・モアレム 迷惑な進化
  • 中屋敷均 ウィルスは生きている
  • 千葉聡 歌うカタツムリ

リヴォルノの幻 後日の話 ダーム・ギャラント ジュセッペ・ヴァージ

15篇のエッセイから成る内田洋子の「サルデーニャの蜜蜂」を読んでいき、最後のエッセイ「リヴォルノの幻」を読み始めると、冒頭に

 二十年ほど前の話である。
春がまだ浅いある日、トスカーナ州の海に面した町リヴォルノへ向かった。日本の小説家から連絡を受けて、現地で落ち合う予定になっている。
「港町の刑務所へ面会にやってきた妻に、鉄格子越しに頬を寄せキスをしようと見せかけて、彼女の鼻を噛み切ってしまう男の話を書くつもりなの」
小説家は構想を語った。

とあります。

ん?、「これって、あの人のあの小説のことじゃないの?」
「リヴォルノの幻」を読むのを中断して、本を探しました。見つかりました。「後日の話」(買ったものの読んでいません、初版は1999年2月のようです)。本の帯には

斬首刑直前 夫は妻の鼻を噛み切った!
十七世紀 トスカーナの小都市で起きた 途方もない物語

とあります。
本の奥書には

[付記]
この作品は、ブラントームの『ダーム・ギャラント』の或る一頁との出会いから生まれた。

との記載が。「後日の話」を読み始めました。そして、『ダーム・ギャラント』の或る一頁とはどんな話なのでしょうか。この記事のタイトル中の「ジュセッペ・ヴァージ」は「後日の話」の装幀に使われている版画の作者(Giuseppe Vasi,. 1710–1782)でピラネージの師でもあるようで、これもちょっと気になる。