on Books
パリの女は・・・新着!!

「たしか、フランスの出生率が高い理由について書かれた本を読んだよね」と、何故か思い、蔵書を探したら、ありました。 中島さおり「パリの女は産んでいる」<恋愛大国フランス>に子供が増えた理由 本の腰巻き(本の帯)には 第54 […]

続きを読む
My Favorite
2023年 偏愛美術展

2023年開催される(個人的に)行ってみたい美術展 ⭐︎⭐︎⭐︎ (偏愛)没後200年 亜欧堂田善 千葉市美術館 1月13日〜2月26日 ⭐︎⭐︎ ピ […]

続きを読む
World Cup 2022
ポニーテールの下に

細かいことが気になるのが僕の悪い癖。 W杯2022カタール大会の放送を(もちろんTV or Abemaで)見ていて、ある時、気がついたのですが、主審のユニフォームの背中の襟下(襟のないデザインのユニフォームなので言語矛盾 […]

続きを読む
World Cup 2022
アルゼンチンのマックある

W杯2022カタール大会決勝の「アルゼンチン VS フランス」を見て(もちろんTVで)いて、ふと気になったのですが・・・・。 気になったのはアルゼンチンの先発の「マカリステル(Alexis MAC ALLISTER)」。 […]

続きを読む
My Favorite
2022年下期 My Top 7

今年の7月1日から12月31日までに行った展覧会、映画、読んだ本のmy top 7です。top 7の中での順位付けはしていません。 日本の中のマネ 出会い、120年のイメージ 没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創 […]

続きを読む
World Cup 2022
32 - 13 - 7 - 6 = 6 あるいは マルハナバチと豹はどこに

カタールで開催されているワールドカップ2022をTV観戦あるいはAbemaで観戦しながら、全32チームのユニフォームメーカーをチェックしていたら、 Nike 13チーム Adidas 7チーム Puma 6チーム その他 […]

続きを読む
World Cup 2022
unbuild あるいは impossible

ワールドカップカタール大会の開会式を見ていたら、「このスタジアムを設計したのは誰だろう」と思い始めました。 「カタール ワールドカップ 建築家」で検索すると、ザハ・ハディドやノーマン・フォスターが関わったスタジアムがある […]

続きを読む
たまにはART
秋田蘭画と亜欧堂田善

今秋は江戸の洋風表現に関心のある方には必見の 「秋田蘭画の世界『解体新書』から《不忍池図》へ」 秋田県立近代美術館 既に終了 「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」 福島県立美術館 〜12月18日(日) […]

続きを読む
on Books
ケルトの解剖・再生・世界 , and ブラッドベリ

ちょっと前に(と言うか大分前になってしまいましたが)、町内会の打ち合わせで、「今年も例年実施してきた定例の行事でできそうにないものがあるので、それに替わる行事のアイデアありませんか?」と言う話題になり、「(子どもたち向け […]

続きを読む
たまにはART
黒白コーデ割

窓口で「一般1枚、お願いします」と言ったら、「黒白コーデ割引と言うのを行っていて、黒と白のコーディネートで来られた方は、入場料が100円割引になります」と言われました。 実際は淡い茶色のシャツに濃い紺色のカーディガン姿だ […]

続きを読む