コンテンツへスキップ

ワールドカップ2018でAdidasとNikeのユニフォームの胸元には試合毎に対戦国と日付がデザインされています。
同じように見えても試合毎のユニフォームということになります。

Adidasのデザインは例えば
FRANCE-ARGENTINA
30 JUNE
2018 KAZAN
のようなパターンなのですが、

Nikeはいくつかのバリエーションがあるようで、今日のフランス VS クロアチアでは

フランスのユニフォームは
FRANCE-CROATIE
15 JUILETTE 2018

クロアチアのユニフォームは
MOSCOW(RUS)
15 JULY 2018
の下にフランスとクロアチアの国旗がデザインされています。

決勝トーナメント1回戦のフランス VS アルゼンチンを見ていたら、

アルゼンチンのユニフォームの胸には
FRANCE - ARGENTINA
30 JUNE
2018 KAZAN

フランスのユニフォームの胸には
FRANCE - ARGENTINA
30 JUNE 2018

とありました。

決勝トーナメント以降は各チームのユニフォームがこのようになるのでしょうか?

7月3日追記
録画しておいた1次リーグE組セカンドレグのドイツ VS スウェーデンを今見ていますが、ドイツのユニフォームの胸にも同様に
GERMANY - SWEDEN
23 JUNE 2018
SOCHI
とあるので、AdidasとNikeのユニフォームは試合毎のスペシャルなユニフォームなのかも

やっとのこと、W杯20181次リーグ1回戦の最後の試合のポーランド vs セネガルの録画を見るところまでに達しました。ということで、出場全32チームのユニフォームは

  1. Adidas
    アルゼンチン
    イラン
    エジプト
    コロンビア
    スウェーデン
    スペイン
    ドイツ
    日本
    ベルギー
    メキシコ
    モロッコ
    ロシア
  2. Nike
    イングランド
    オーストラリア
    韓国
    クロアチア
    サウジアラビア
    ナイジェリア
    フランス
    ブラジル
    ポーランド
    ポルトガル
  3. Puma
    ウルグアイ
    スイス
    セネガル
    セルビア
  4. New Balance
    コスタリカ
    パナマ
  5. Errea
    アイスランド
  6. Hummel
    デンマーク
  7. Umbro
    ウルグアイ
  8. Uhlsport
    チュニジア

先日、上野の森美術館で開催されている「ミラクルエッシャー展」(〜7/19日)に行ってきました。この展覧会は「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点からエッシャーの作品に迫るということで、展示もそういう構成になっています。

すっかり忘れていましたが、2006年末から2007年初にBunkamuraザ・ミュージアムで開催された「スーパーエッシャー展」に行った際、エッシャー のイタリアを題材にした風景画にすごく魅かれたのを思い出しました。2005年夏にNHKで「世界遺産イタリア縦断1200キロ」という番組が放送され、南イタリアのアマルフィもこの時初めて知り、その影響もあったのかも知れませんが、アマルフィを題材にしたエッシャーの作品に特に魅かれました。

今回の展示でもやはりエッシャーの風景画に魅かれました。

ところで、エッシャーの風景画と書きましたが、世によく知られているエッシャーの作品は版画で今回の展示を見ている時も「日本の浮世絵等の影響は無いのかな?」と思ったのですが、こんなブログ記事を見つけました。

みくに龍翔館 と 三国港突堤

今日は上野の国立博物館で開催されている「名作誕生-つながる日本美術」に行くことにしていましたが、先に御徒町駅からすぐにあるという和菓子屋さんに立ち寄ることにしました。お目当ては最中です。と言ってもこのお店を知ったのはつい最近なのですが。
お店の名前は「うさぎや」、芥川龍之介がこの店の「喜作最中」が好きだったそうです。龍之介の名前は、彼が辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたことに由来するといわれていますが、「うさぎや」、「喜作最中」の名前の由来はこの店を開業した方が卯年生まれの喜作さんだったからだそうです。
参考

よく知られている説ですが、

「くだもの」、「けだもの」の「だ」は古代の助詞で現代の「の」を表し、くだものは「木のもの」、けだものは「毛のもの」に由来し、今に残るこの「だ」の用法は「くだもの」、「けだもの」のみである。

ところで「くだもの=木のもの」と言えば、「野菜と果物の違い」に関する種々の定義で、行政上の分類では

茎やつるなどの草本性植物を「野菜」と定義し、樹木になるものを「果物」としている

そうです。(『野菜と果物の違いは? イチゴやスイカは野菜か』

購入したものの組み立てていなかった「大人の科学マガジン 小さな活版印刷機」付録の活版印刷機を昨日組み立てました。まだ印刷はしていないのですが。
museum goodsと一緒に置いて見ました。最初の画像の下の棚の一番左にあるのです。
2番目の画像のコレクションからいくつかを紹介します。

  • 左上は山口晃の東京駅の鳥瞰図(東京ステーションギャラリーのミュージアムショップで購入)
  • 左のボックス左側は厚紙を組み立ててできる地球、置くと地軸の傾き(23.4度)と同じ角度で傾きます。地球上の各地点の夜の明るさを示す白い隆起があり、これは夜消灯するとほんのり光ります。(金沢21世紀美術館のミュージアムショップで購入)
  • 右下はアルチンボルドの作品の図柄のミニタオル(国立西洋美術館のアルチンボルド展で購入)

 

1

我が家の敷地と前の道路との境のフェンスに咲くクレマチス。クレマチスは「蔓性植物の女王」と呼ばれるそうですが、女王に対しても何かしている訳ではなく全くの放置プレイですが、眼の至福をもたらしてくれます。