コンテンツへスキップ

今回投稿する予定の記事(この記事)のタイトルは決まりました。今日(12月10日)中に更新(記事を完成)できるかな?

タイトルは最初は龍×龍、次は芦花公園にしようかなと思っていたのですが。

以下、追記(まだ途中です)
最近は文庫本は殆ど読まないので、最寄りの書店でも文庫本のコーナーには殆ど行きません。
が、大分前に文庫本のコーナーに澁澤龍彦の本が多く並んでいることに気づき、本の帯の記載で今年が澁澤没後30年だということを知りました(「澁澤龍彦ふたたび (KAWADE夢ムック 文藝別冊)」で先に知ったのかも)。1ヶ月程前には「文藝別冊 芥川龍之介 (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 」で、今年は芥川の没後90年であることも知りました。
「そうか、今年は龍×龍(龍and龍)なんですね」

2014年1月8日に国立西洋美術館の館長の馬渕明子さんがサッカー好きという投稿をしました。その後、馬渕さんのサッカー好きは日本サッカー協会にも知られるところとなったようで、日本サッカー協会の副会長に就任しています。

「館長 副会長 明子」でググってみて下さい。
現場の高揚感楽しい サッカー協会副会長も兼ねる 馬渕 明子さん(国立西洋美術館長)」(東京新聞 2015年3月14日)

先日行った「北斎とジャポニスム国立西洋美術館( ~2018年1月28日(日))」では「北斎の影響を受けた欧米の作品」が北斎の元画とともに展示され、大変面白かったのですが、「馬渕さんがサッカー好き」という投稿で触れた馬渕さんの著書「ジャポニスム 幻想の日本」を見直してみたら、この本の8章「葛飾北斎とジャポニスム」で示されている作品も多く展示(*)されているようです。

(*)例えば

  • 「北斎漫画」六編の「馬櫪尊神(ばれきそんじん)」をそのまま絵柄に使ったフランスのヴィエイヤール工房の「八角皿・馬櫪尊神」
  • オルセー美術館のドガ「出走前の競走馬」

今回の「北斎とジャポニスム」展は館長が馬渕さんだからこその展覧会だと思います。知的好奇心を刺激されます、お薦めです。

ワールドカップロシア大会欧州予選 スカパーでの放送やDaznでの配信を見る時にユニフォームスポンサーをチェックしました。(さすがに全チームの試合を見るのは無理なので、多くはハイライト放送でチェックしていますが)

一番多いのはやはりアディダスですが、W杯ロシア大会へ進出したチームではナイキ5チーム、アディダス4チームとなっています。創業者が兄弟のアディダスとプーマですが、イタリアのプレーオフでの敗戦はプーマにとっても厳しい結果ですね。

欧州予選参加チームのユニフォームスポンサーは下のリストになります。○はグループ1位での勝ち抜けチーム、△はプレーオフ勝利チームです。

  1. Adidasアディダス by Wikipedia) アルメニア アンドラ イスラエル ウェールズ カザフスタン キプロス 北アイルランド サンマリノ ジョージア △スウェーデン スコットランド ○スペイン ○ドイツ ハンガリー ベラルーシ ○ベルギー ボスニア・ヘルツェゴビナ ラトビア リヒテンシュタイン ルクセンブルク フェロー諸島
  2. Nikeナイキ by Wikipedia) アゼルバイジャン ○イングランド エストニア オランダ ギリシャ △クロアチア スロバキア スロベニア トルコ  ノルウェー フィンランド ○フランス  ○ポーランド ○ポルトガル
  3. Pumaプーマ by Wikipedia) イタリア オーストリア △スイス チェコ
  4. Joma(ホマ)  ウクライナ ブルガリア ルーマニア
  5. Hummelヒュンメル by Wikipedia) △デンマーク リトアニア
  6. Jako(ヤコ) マケドニア、モルドバ
  7. Umbroアンブロ by Wikipedia) ○セルビア
  8. Errea(エレア) ○アイスランド
  9. New Balanceニューバランス by Wikipedia) アイルランド
  10. Kelme(ケレメ) コソボ
  11. Macron(マクロン) アルバニア
  12. Legeaレゲア by Wikipedia) モンテネグロ
  13. Givovaジヴォヴァ) マルタ
  14. Admiral(アドミラル) ジブラルタル

6

名古屋の新幹線ホームにある立喰のきしめんを食べに行きました。前から一度食べてみたかったのですが、機会が無かったのです。

愛知県美術館で開催中の長沢芦雪展(11月19日迄)、芦雪の作品が纏まって見られてお薦めです。思ったほど混んでいませんでした。

一昨日、最寄りの書店に行ったら、以前朝日新聞の書評に載っていて、ほしい物リストに登録してあるこの本がありました。この書店、最近書評に載った本を集めた「書評コーナー」ができました。この本はそこにはありませんでした。この本とは・・・

今日、上野公園を通過する際、140分後に入場できる整理券を配布していますというプラカードを持っている人が・・・。このプラカードで案内されている催し、前回上野に来た時も同様の待ち時間の表示がありました。何の催しか分かりますか?

国歌斉唱の後、エスコートキッズが日本側ゴール裏席とメインスタンドの間の通路から退場するところ

いつも埼スタの代表戦で取る席はカテゴリー2の席。カテゴリー2はアッパー(2階席)中央の前の方か、ロアー(1階席)のコーナー寄り。取れてるチケットは発券した時、ロアーだとわかっていましたが、前日確認したら3列(前から3列目)でした。当日スタジアムで席を見つけたら、メインスタンドロアーの一番日本側ゴール裏席寄りの席でした。原口のフォアチェックが2点目を生むところを目の前で見ました。

録画しておいた注目のフランス vs オランダを今見ましたが・・・
この後はDAZNの見逃し配信でウルグアイ vs アルゼンチンを見ます。もちろん結果は知っていません。

新潮社のとんぼの本シリーズで「かわいい こわい おもしろい 長沢蘆雪」というタイトルの本が7月末に出版されました。
「今 何故 蘆雪本?」
それは愛知県美術館の開館25周年記念として「長沢蘆雪展 京(みやこ)のエンターテイナー」が今秋(10月6日(金)〜11月19日(日))開催されるからなのでした。
蘆雪と言えば、和歌山県串本の無量寺で、いつかは行って見たいと思っているのです。