ペデストリアンデッキ

ひとつ前の投稿(『少年ジャグラー』)でペデストリアンデッキって書きましたが、Wikipediaによるとペデストリアンデッキを日本語で言うと「歩行者回廊」「公共歩廊」だそうです。

「歩行者回廊」や「公共歩廊」じゃわかりにくいからペデストリアンデッキって言うのだろうけれど、どれだけの人が「Pedestrian = 歩行者」ってわかるのだろう。

高校生ぐらいの時、英単語の学習で語源による方法を利用した人なら、「Ped=足」でpedestrian,pedicure,centipede,pedalとかの意味を知っているだろうけれど。もっと良い言い方はないのかしらん。

少年ジャグラー

少年ジャグラー in 大宮
少年ジャグラー in 大宮

2週間程前に大宮駅のペデストリアンデッキで少年ジャグラーが。自己紹介のボードによると『鴻巣から来た小学5年生』だそうです。なかなかの腕前でした。

自己フォローです。

今日の夕方、地元上尾駅の東口のペデストリアンデッキを歩いていたら、少年が帰る道具を纏めて帰る準備をしています。その道具はどう見てもジャグリ ングの道具。でも、この少年は大宮の少年とは違う少年です。その少年に話しかけて聞いたら、鴻巣に(カラオケの)シダックスによるジャグリング教室がある そうです。今日の少年は学校が休みの週末に上尾駅をメインにパフォーマンスをしているそうです。みんなの前でパフォーマンスをしている小学生は、この前の少年 とこの少年の2人だけだそうです。上尾には陸上競技場があり、中高校生の大会がよく行われているので、週末には結構人出もあり、好い腕試しになると思い ます。

上尾でもやっていたとは。灯台もと暗しです。

ビアマリネ

自作ビアマリネ
自作ビアマリネ

いつも利用している肉屋のビアマリネ(ビアソーセージのマリネ)を自分で作ってみたくて、クックパッドで『ビアソーセージ マリネ』で検索。

海砂さんの『ビアソーセージ&ミディトマトのマリネ』のレシピを元に自分好みにアレンジしてみました。

マリネ液はオリーブオイルとワインビネガーは少なめに、すし酢と蜂蜜を加えています。ピーマンの細切りも入れて、隠し味的に塩コンブとケーパーのみじん切りも加えています。

極上のカレー皿

ある機会にユニバーサルデザインについての講演を聞いた際に『極上のカレー皿』について知りました。もっとも、その時は商品名が『極上のカレー皿』ということは知りませんでしたが。

この有田焼の皿を販売している『器楽舎(キラクシャ)』のサイトの『極上のカレー皿』の説明によると・・

極上のカレー皿は人間工学的な見地からカレー専門店の料理人、フードコーディネーター、カレーにこだわる人々や女性を中心とした意見を取り入れ、繰り返し試作と試食を行い納得のいく逸品を造り上げました。
定番のビーフカレーからスープカレーや焼きカレーなど様々な種類のカレーをこの「極上のカレー皿」で見た目の美しさや、理想の食べやすさをぜひ体験してください。

有田のある佐賀県では「さがユニバーサルデザインラボ」と名付けてユニバーサルデザインに積極的に取り組んでいるようです。『極上のカレー皿』は平成20年度佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品となっています。

ちしゃ

奈良時代に日本入ってきたレタスは長い間『ちしゃ』と呼ばれいたそうです。その語源は『乳草』で茎を切ると乳のような白い液体が出るからといわれているそうです。一方、レタスの語源はラテン語の「Lactuca」で、「牛乳」を意味する「Lac」から派生した言葉だそうです。

レタスチャーハンでも作ろうかな。

ガーキン or コクーン

新宿にロンドンのガーキンのような建築があるのを発見したのはいつ、どこから見てだろう? その建築物とはモード学園コクーンタワーのことです。

新旧対比? ロンドン塔の建物の間からガーキンが
新旧対比? ロンドン塔の建物の間からガーキンが

ガーキン(英語名:Gherkin)とは、ピクルスに使用される若いキュウリ。 イギリスの超高層ビル、30セント・メリー・アクスの愛称です。

モード学園コクーンタワーについては自分で撮った画像が無いので、Wikipediaのモード学園コクーンタワーを参照して下さい。コクーンとは繭のことだそうです。

似てると思いませんか。

コクーンタワーとガーキンについては、HOBNOBlog(アコースティック・デュオ HOBNOB (ホブノブ)の リーダーがロンドンでつづるdiary)の『コクーンとガーキン』も面白い。

アジアの本の会

昨年の暮れか今年の初めか忘れてしまいましたが、さいたま市のブックデポ書楽という書店に行ったら、『アジアの本の会~ブックフェア』というの開かれていました。自分好みの面白そうな本が沢山ありましたが、ぐっとこらえて2冊だけ購入しました。

  • 中国コメ紀行 すしの故郷と稲の道
  • クルド・国なき民族のいま

とはいえ例によって『積読』状態でしたが、『中国コメ紀行 すしの故郷と稲の道』を読み始めました。

アジアの本の会(加盟17社)については知らなかったのですが、面白い本を出版していますね。

春の雪

朝、新聞を取りに外に出たら、既に雨に変わっていましたが雪がうっすら積もっていました(埼玉県上尾市です)。

おとといからずっと寒かったが、この時期に雪とは。三島由紀夫でも読めと言うことか。

ラー油専門店 一瑤

食べるラー油がブームになっているらしい。桃屋は全国の新聞紙上で『辛そうで辛くない少し辛いラー油』品薄状態についてのお詫びの謝罪広告を 掲載したとか。

先日、わが上尾市にラー油専門店があることを発見。

ラー油専門店『一瑤』(http://ra-yu.com/

上尾にはスパイス専門の会社もあります。

井上スパイス工業(http://spice-town.com/