リヴォルノの幻 後日の話 ダーム・ギャラント ジュセッペ・ヴァージ

15篇のエッセイから成る内田洋子の「サルデーニャの蜜蜂」を読んでいき、最後のエッセイ「リヴォルノの幻」を読み始めると、冒頭に

 二十年ほど前の話である。
春がまだ浅いある日、トスカーナ州の海に面した町リヴォルノへ向かった。日本の小説家から連絡を受けて、現地で落ち合う予定になっている。
「港町の刑務所へ面会にやってきた妻に、鉄格子越しに頬を寄せキスをしようと見せかけて、彼女の鼻を噛み切ってしまう男の話を書くつもりなの」
小説家は構想を語った。

とあります。

ん?、「これって、あの人のあの小説のことじゃないの?」
「リヴォルノの幻」を読むのを中断して、本を探しました。見つかりました。「後日の話」(買ったものの読んでいません、初版は1999年2月のようです)。本の帯には

斬首刑直前 夫は妻の鼻を噛み切った!
十七世紀 トスカーナの小都市で起きた 途方もない物語

とあります。
本の奥書には

[付記]
この作品は、ブラントームの『ダーム・ギャラント』の或る一頁との出会いから生まれた。

との記載が。「後日の話」を読み始めました。そして、『ダーム・ギャラント』の或る一頁とはどんな話なのでしょうか。この記事のタイトル中の「ジュセッペ・ヴァージ」は「後日の話」の装幀に使われている版画の作者(Giuseppe Vasi,. 1710–1782)でピラネージの師でもあるようで、これもちょっと気になる。

今読みたい19の本

under 19 (にインスパイアされて) 読みたい本

  • 史上最悪のインフルエンザ アルフレッド・W・クロスビー
  • フード・マイレージ あなたの食が地球を変える 中田哲也
  • コロナの時代の僕ら パオロ・ジョルダーノ
  • 人はなぜSEXをするのか? シャロン・モレアム
  • 「他者」の起源 トニ・モリスン
  • 破壊する創造者 フランク・ライアン
  • 動く遺伝子 エブリン・フォックス・ケラー
  • ウィルスは生きている 中屋敷均
  • サルディーニャの蜜蜂 内田洋子
  • エゴン・シーレ 傷を負ったナルシス ジャン=ルイ・ガイユマン
  • 病が語る日本史 酒井シヅ
  • 母よ嘆くなかれ パール・バック
  • グレート・インフルエンザ ジョン・バリー
  • 日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 速水融
  • パリが沈んだ日 佐川美加
  • ジャスト・キッズ パティ・スミス
  • ザハ・ハディド全仕事 ザハ・ハディド
  • 種子法廃止でどうなる? 農山漁村文化協会(編)
  • デカメロン ボッカッチョ

 

アリス・B・トクラスの自伝

ガートルード・スタインの「アリス・B・トクラスの自伝」を読み始めました。すごく面白い(まだ、ほんのちょっとしか読んでいないので「すごく面白そう」)
この本も昨年(2019年)末に読んだ原田マハの「楽園のキャンバス」の参考文献にリストアップされていた本で、自分が読んでいるのは、「日本の古本屋」で入手した筑摩叢書版(1981年発行)です。最初の筑摩書房版は1971年に発行されたようですが、今調べたら、1971年はまだピカソも生きていたのですよね。

ミイラにダンスは踊れるか

トマス・ホーヴィングの「ミイラにダンスを踊らせて」を読み始めたのですが、これが面白い。と言っても、まだ4章しか読んでいないのですが。
トマス・ホーヴィングはメット(メトロポリタン美術館)の第7代館長(1967年就任)です。

この本、昨年(2019年)末に読んだ原田マハの「楽園のキャンバス」の参考文献にリストアップされていた本で、今読んでいる邦訳本は1994年発行、訳者あとがきも含めて566頁、21章からなります。(当時の消費税率で)税込で3200円ですが、今は古書でしか入手できません(Amazonから古書で配送料も含め1500円で購入しました)。

本の帯によると(入手した古書は帯つきでした)

美術館の運営もGMの経営も変わりはない!
沈滞しきったメットをアメリカ最大の美術館に仕立て上げた元館長が語る興味つきない回想録

MoMASのミュージアムショップに行く

先日(1月7日)にMoMAS(埼玉県立近代美術館)で開催されている「ニューヨーク・アートシーン-ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで-滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」と言う展覧会に行ってきました。展示が前期・後期で異なっていて、前期の展示には昨年の11月に行き、1月7日は後期の展示に行った次第です。
埼玉県立近代美術館のミュジーアム・ショップはスペース的には小さいのですが、個人的には好きなのです。このミュジーアム・ショップ売っているものの構成は(私個人の独断ですが)

  • 開催されている企画展に関係するもの
  • 埼玉県立近代美術館のコレクションな関係するもの
  • このミュジーアム・ショップ独自の品揃え

1月7日にショップを覗いた際には、今回の企画展に関係するものとして、杉本博司の著作が3冊並んでいて、タイトルに惹かれ「苔のむすまで」(2005年発売された本です)を購入しました。杉本博司の著作は読んだ事がなかったのですが、この本がso interestingで、7日に購入しなかった2冊も「ズバリ! too interesting not to buy  に違いないでしょう!」(丸尾君のマネです)と言う事で、今日は残りの2冊(「アートの起源」「現な像(うつつなぞう)」でした)をgetする為(だけ)にMoMAS(北浦和)に行ってしまいした。

「郵便配達夫シュヴァルの理想宮」の新版が

昨年(2019年)11月に神奈川近代文学館で開催されていた「中島敦展」に行った後に、アマゾンで中島敦関連の書籍を検索していたら、岡谷公二の「南海漂蕩―ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦」がありました。
岡谷公二と言えば、「郵便配達夫シュヴァルの理想宮」を大分前に読んだ事があるなと思っていたら、新版が出版されていました。
「なんで今頃?」と思ったら、シュヴァルの理想宮を題材にした映画が公開されているのですね。
シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

改めて、岡谷公二著の書籍を検索。以下は読んでみたい本です。

  • アンリ・ルソー 楽園の夢
  • 絵画のなかの熱帯 ドラクロアからゴーギャンへ
  • レイモン・ルーセルの謎
  • 南海漂蕩―ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦

2020年 読みたい本

  • アリス・B.トクラスの料理読本
  • マリー・キュリー―フラスコの中の闇と光
  • 島暮らしの記録
  • メアリー・アニングの冒険
  • 非楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事
  • エウラリア 鏡の迷宮
  • 木村蒹葭堂のサロン
  • メアリー・アニングの冒険
  • ポルトガルを食べる

“2020年 読みたい本” の続きを読む

第一章 大原美術館 MoMA

Amazonで購入し、先日届いた原田マハのこの本を読み始めました。今、第一章を読んだところですが、大原美術館とMoMAに行きたくなりました。
大原美術館は(多分)大学生の時の倉敷・高梁旅行の際(1970年代でしょうか)に訪れたと記憶しているのですが、当時はどんな作品に関心がいったのでしょうか。
MoMAには行った事がないのです(ニューヨークに行った事がないのです)。
ニューヨークに住む近藤聡乃のエッセーにMoMAへ行くと毎回立ち寄るお気に入りの作品と、隣接して展示されている作品(展示替えがあるので作品が替わります)について書かれた文章があったと思うのですが。
ニューヨークと言えばイサム・ノグチ巡りもしたいですね。