コンテンツへスキップ

ワールドカップロシア大会欧州予選 スカパーでの放送やDaznでの配信を見る時にユニフォームスポンサーをチェックしました。(さすがに全チームの試合を見るのは無理なので、多くはハイライト放送でチェックしていますが)

一番多いのはやはりアディダスですが、W杯ロシア大会へ進出したチームではナイキ5チーム、アディダス4チームとなっています。創業者が兄弟のアディダスとプーマですが、イタリアのプレーオフでの敗戦はプーマにとっても厳しい結果ですね。

欧州予選参加チームのユニフォームスポンサーは下のリストになります。○はグループ1位での勝ち抜けチーム、△はプレーオフ勝利チームです。

  1. Adidasアディダス by Wikipedia) アルメニア アンドラ イスラエル ウェールズ カザフスタン キプロス 北アイルランド サンマリノ ジョージア △スウェーデン スコットランド ○スペイン ○ドイツ ハンガリー ベラルーシ ○ベルギー ボスニア・ヘルツェゴビナ ラトビア リヒテンシュタイン ルクセンブルク フェロー諸島
  2. Nikeナイキ by Wikipedia) アゼルバイジャン ○イングランド エストニア オランダ ギリシャ △クロアチア スロバキア スロベニア トルコ  ノルウェー フィンランド ○フランス  ○ポーランド ○ポルトガル
  3. Pumaプーマ by Wikipedia) イタリア オーストリア △スイス チェコ
  4. Joma(ホマ)  ウクライナ ブルガリア ルーマニア
  5. Hummelヒュンメル by Wikipedia) △デンマーク リトアニア
  6. Jako(ヤコ) マケドニア、モルドバ
  7. Umbroアンブロ by Wikipedia) ○セルビア
  8. Errea(エレア) ○アイスランド
  9. New Balanceニューバランス by Wikipedia) アイルランド
  10. Kelme(ケレメ) コソボ
  11. Macron(マクロン) アルバニア
  12. Legeaレゲア by Wikipedia) モンテネグロ
  13. Givovaジヴォヴァ) マルタ
  14. Admiral(アドミラル) ジブラルタル

国歌斉唱の後、エスコートキッズが日本側ゴール裏席とメインスタンドの間の通路から退場するところ

いつも埼スタの代表戦で取る席はカテゴリー2の席。カテゴリー2はアッパー(2階席)中央の前の方か、ロアー(1階席)のコーナー寄り。取れてるチケットは発券した時、ロアーだとわかっていましたが、前日確認したら3列(前から3列目)でした。当日スタジアムで席を見つけたら、メインスタンドロアーの一番日本側ゴール裏席寄りの席でした。原口のフォアチェックが2点目を生むところを目の前で見ました。

録画しておいた注目のフランス vs オランダを今見ましたが・・・
この後はDAZNの見逃し配信でウルグアイ vs アルゼンチンを見ます。もちろん結果は知っていません。

録画しておいたワールドカップロシア大会欧州予選のイタリア VS アルバニアを見たら、選手入場の時のエスコートキッズが胸に1000と書かれたシャツを着ています。イタリアのGKブッフォンの公式戦出場数がこの試合で1000に達するのをcelebrateするとのことのようです。
1000試合の内訳は以下でアズーリデビューは1997年だそうです。

  • パルマ 220
  • ユベントス 612
  • イタリア代表 168

因みにGKの最多出場はピーター・シルトンの1,377試合、イタリア人の最多出場はマルディーニの1,028試合だそうで、シルトンを超えるのは難しいでしょうが、マルディーニは超えそうですね。

ところで、この試合イタリアが2-0で勝利しましたが、日本人にとっては無名の存在のアルバニアのロッシ(ROSHI)、チカレシ(CIKALLESHI)は良い選手ですね。共に身長187cmとサイズもあります。アルバニアの選手はイタリアのチームに所属する選手が多かったのですが、ロッシはロシアのテレク、チカレシはトルコのアキサル・ベレディイェスポルというチームに所属しているようです。

ご存じの方も多いかと思いますが、2018年W杯の欧州予選は54チームに対して13の出場枠です。54チームはA組からI組の9組に分かれ、各組1位9チームは自動的に本大会出場、残り4枠は各組2位の内の成績最下位の1チームを除いた8チームでのプレーオフで決めます。

今一番興味があるのが、各組2位9チームの内の成績最下位の1チームがどの組になるのか。
第3節終了段階でD組2位が1/9(2位の内の最下位)になるとpredictionしました。

既に予選は第4節まで終わっており、各組の順位及び勝ち点は下のようになっています(括弧内の数字は勝ち点、☆、◯は私が予想する1位、2位)。

  • A組 ☆フランス(10)、オランダ(7)、◯スウェーデン(7)、ブルガリア(6)、ベラルーシ(2)、ルクセンブルク(1)
  • B組 ☆スイス(12)、◯ポルトガル(9)、ハンガリー(7)、フェロー諸島(4)、ラトビア(3)、アンドラ(0)
  • C組 ☆ドイツ(12)、北アイルランド(7)、アゼルバイジャン(7)、◯チェコ(5)、ノルウェー(3)、サンマリノ(0)
  • D組 ☆アイルランド(10)、セルビア(8)、◯ウェールズ(6)、オーストラリア(4)、ジョージア(2)、モルドバ(1)
  • E組 ☆ポーランド(10)、モンテネグロ(7)、◯デンマーク(6)、ルーマニア(5)、アルメニア(3)、カザフスタン(2)
  • F組 ☆イングランド(10)、スロベニア(8)、◯スロバキア(6)、リトアニア(5)、スコットランド(4)、マルタ(0)
  • G組 ☆スペイン(10)、◯イタリア(10)、アルバニア(6)、イスラエル(9)、マケドニア(0)、リヒテンシュタイン(0)
  • H組 ☆ベルギー(12)、◯ギリシャ(10)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(7)、キプロス(3)、エストニア(3)、英領ジブラルタル(0)
  • I組 ☆クロアチア(10)、ウクライナ(8)、◯アイスランド(7)、トルコ(5)、フィンランド(1)、コソボ(1)

 

ご存じの方も多いかと思いますが、2018年W杯の欧州予選は54チームに対して13の出場枠です。54チームはA組からI組の9組に分かれ、各組1位9チームは自動的に本大会出場、残り4枠は各組2位の内の成績最下位の1チームを除いた8チームでのプレーオフで決めます。

今一番興味があるのが、各組2位9チームの内の成績最下位の1チームがどの組になるのか。既に予選は第4節まで終わっていますが、第3節までの結果でpredictionしましょう。

組分は以下。3試合終わった段階の順位の順に並べています(括弧内の数字は勝ち点)。
☆、◯は私が予想する1位、2位です。(「よそう」は下から読むと・・・)

  • A組 ☆フランス(7)、◯スウェーデン(7)、オランダ(4)、ブルガリア(3)、ベラルーシ(2)、ルクセンブルク(1)
  • B組 ☆スイス(9)、◯ポルトガル(6)、ハンガリー(4)、フェロー諸島(4)、ラトビア(3)、アンドラ(0)
  • C組 ☆ドイツ(9)、アゼルバイジャン(7)、北アイルランド(4)、ノルウェー(3)、◯チェコ(2)、サンマリノ(0)
  • D組 セルビア(7)、☆アイルランド(7)、◯ウェールズ(5)、オーストラリア(4)、ジョージア(1)、モルドバ(0)
  • E組 モンテネグロ(7)、☆ポーランド(7)、ルーマニア(5)、◯デンマーク(3)、カザフスタン(2)、アルメニア(0)
  • F組 ☆イングランド(7)、リトアニア(5)、スロベニア(5)、スコットランド(4)、◯スロバキア(3)、マルタ(0)
  • G組 ☆スペイン(7)、◯イタリア(7)、アルバニア(6)、イスラエル(6)、マケドニア(0)、リヒテンシュタイン(0)
  • H組 ☆ベルギー(9)、◯ギリシャ(9)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(6)、エストニア(3)、キプロス(0)、英領ジブラルタル(0)
  • I組 ☆クロアチア(7)、◯アイスランド(7)、ウクライナ(5)、トルコ(2)、フィンランド(1)、コソボ(1)

Prediction(after 3 leg):D組2位が1/9(2位の内の最下位)になります。
Prediction(after 4 leg)を乞うご期待:スカパーで放送された4節の試合の録画を見終わった後になりますが。