ハッチョウの由来

今読書中の本(books)のうちの1冊、ハッチョウトンボが小説の展開に大きな役目を果たします。

(¬物知り)の私ですから、ハッチョウトンボが羽の長さは15mm、体長2cmほどの日本一小さなトンボであることも初めて知りました。(そもそもハッチョウトンボ自体を知りませんでした)

ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)のハッチョウの由来って何? 気になります。

wikiさんに聞いてみたら、

名前の由来は、尾張の本草学者・大河内存真(おおこうち ぞんしん:1796-1883)による『蟲類写集』に「ヤダノテツポウバハツチウメ」(矢田鉄砲場八丁目)のみで発見せられるために「ハツチウトンボ」の名を有する、との記載に因むとされる。この矢田鉄砲場八丁目の詳しい場所は現在不明とされるが、名古屋市内の矢田川付近と見られている。また一説には矢田河原八丁畷(現在の名古屋市千種区周辺)で発見されたことに由来するとの説もあるが、この説の根拠はよくわかっていない。

「ハッチョウトンボ 名前 由来」でグーグル先生に聞いたら

レファレンスデータベースのサイトの「ハッチョウトンボの和名の由来が知りたい」に

ハッチョウトンボの和名は発見された場所の地名に由来しますが、その場所については(A)矢田説(「ヤダノテツホウバハツチウメ(矢田鉄砲場八丁目)」又は「矢田河原ノ八町場」、現在の名古屋市東区大幸町附近)、(B)熱田八丁畷説(現在の名古屋市瑞穂区)、(C)岡崎説の3つの説があります。

この(C)説って、八丁味噌の八丁と同じということでしょうか
そもそも、「ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)のハッチョウの由来って何?」って思ったのは、八丁味噌の八丁と関係あるのと思ったからなのですよね。

虫に聴く 虫を読む

フジテレビの「監察医 朝顔」を見ていたら、遺体から採取した虫から、犯罪事件を解決するというような筋の回がありました。
法医学教室の(志田未来演じる)光子がこっそり法昆虫学の勉強をしていて、事件解決の端緒を開くというような筋立てですが、光子が法昆虫学の勉強で「この本、読んでるんですよ」と示した黄色の本、なんか実際に出版されている本のように見えました。
「細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖」という事で、ネット検索したら、「虫から死亡推定時間はわかるのか? 法昆虫学の話」という本のようです。

法昆虫学(法医昆虫学)って知りませんでした。ミステリーには疎いのですが、法昆虫学を題材にしたミステリーも随分前から出版されているのですね。

  • マディソン・リー・ゴフ「法医昆虫学者の事件簿」(「死体につく虫が犯人を告げる」2002刊の改題)
  • 川瀬七緒の「法医昆虫学捜査官シリーズ」(シリーズ最初の「147ヘルツの警鐘」は2012年刊)

水は飲むけど酒に飲まれる

ふたつ前の投稿でイングランドのウォーターハウスについてちょっと変わった苗字だと書きましたが、waterと言えば、岡崎(慎司)がイングランドプレミアリーグのレスターにいた頃、MFには驚異の運動量とボール奪取のフランスのカンテがいましたが、その相棒を勤めていたのがDrinkwater、変わった苗字なので、スカパーで観戦する際もちょっと注目してしまうのですが、(玄人好みの)好選手でした。

Wikipediaによると、代表キャップ3回。ですが、Wikipedia中の「人物」と言う項目によると

アルコールによるトラブルが多く、2019年4月に飲酒運転によって20か月の免停処分を受けた他、2019年9月にはスカンソープ・ユナイテッドFCに所属するクゴシ・エントレの恋人にナンパし、少なくとも6人の男から暴行され全治4週間の負傷をした。

日本のウォーターハウス 富山市速星

ひとつ前の記事でウォーターハウスについて書きましたが、Waterhouseってちょっと面白い姓ですよね。

日本にも「水家」って姓はあるのでしょうか。と言うことで「水家 苗字」で検索。

「日本姓氏語源辞典というサイトの【水家】名字の分布」によるとやはり『水家』って珍しい苗字のようで、全国で100人位。そのうち富山市速星地区に30人位。

「同辞典の富山市速星の苗字」によると、この地区の苗字は多い順に

  • 原、井上・・・50人
  • 山本・・・40人
  • 青木、斎藤、瀬戸、水家・・・30人

からす カラス 烏

先日、福島駅の駅ビルの書店でちょっと面白そうな烏に関する本がありました。帰宅した後に、Amazonで「カテゴリー:本」として、「烏」で検索すると『しかけにときめく「京都名庭園」: 京都の庭園デザイナーが案内』という本がリストアップされました。著者が「烏賀陽 百合」という人だからなのですが、「烏賀陽って何て読むの?」と思ったら、「うがや」でした。

初めて聞く姓ですが、いろんな漢字の「うがや」さんがいるみたいですね。

藤豆

先日、福島県立美術館で開催されている「伊藤若冲展」に行ってきましたが、会場で一番最初に展示されていたのが「隠元豆・玉蜀黍図」。和歌山県・草堂寺所蔵とあるので、初めて見る作品かも。
この展覧会は前期と後期に分かれていて、この作品は前期のみの展示ですが、若冲と黄檗宗の関係を考えるとこの作品が一番最初に展示されているのをちょっと面白く感じました。

若冲は晩年を伏見の石峰寺で過ごしていますが、この石峰寺は黄檗山萬福寺を本山とする黄檗宗の寺院であり、萬福寺は福建省から渡来した隠元を開祖とする黄檗宗の大本山であることは良く知られています。インゲンマメという名称の由来は隠元が中国から持ち込んだことによるということもよく知られていますよね。

ですが、Wikipediaに隠元を問うと期待通り隠元豆についても記されているのですが、

隠元が来日した際に日本に持ち込んだためにその名が付いたとされるインゲンマメは・・・(途中省略)・・・現在のフジマメ(藤豆)だという説もあり、関西ではフジマメのことをインゲンマメと呼ぶ

「藤豆なんて知らないよ」と「旬の食材百科」に藤豆について問う

関西では隠元禅師が中国から持ち込んだのはこのフジマメだと言う説から、年配の方はこのフジマメをインゲン豆と呼び、一般的なインゲン豆の事をサンドマメと呼んでいます

藤豆って大きなサヤエンドウみたいものなんですね。購入した図録で「隠元豆・玉蜀黍図」の隠元を見ると・・・藤豆だ

参考

アルヴァ・アアルト ルート・ブリュック メスキータ

東京ステーションギャラリーで企画される展示って、自分にとっては浅学にして知らないアーティストがとりあげられる事が少なくないのですが、行って見ると好奇心を刺激されるのですよね。

ざくろしか子

「ちびしかくちゃん」第2巻を読んでいたら、ちびしかくちゃんの本名は「ざくろしか子」だそうです。
「ざくろしか子」でググってみました。
「わいざん」さんのブログの「【感想】ちびしかくちゃん2巻発売!残念ながら完結…さくらももこ先生ありがとうございました」によると

「柘榴」という苗字は電話帳に掲載されている情報によると柘榴という苗字の人は全国で約20人程いる

そうです。

参考:

「ちびしかくちゃん」には「ブタ田ブ太」という子も登場しますが、さすがに「ぶただ 苗字」でググっても、そういう苗字はないようですが、「豚座」と書いて「いのこざ」という読む苗字があるのですね。「いのこ」の「いの」って「猪」かな?

クリメッツ 君のルーツは?

ウズベキスタンのディフェンダーのクリメッツのルーツってどのようなものなんでしょう。ウズベキスタンの他の選手の姓が例えば「ムサエフ(Musaev)」のように男性姓を表す「フ(v)」で終わるのに、クリメッツだけ違うのですよね。