見た映画、ちょっと興味がある映画

見た映画
M.A.を巡る その6 そしてM.A.はつづく

「M.A.を巡る」最後の投稿です。 2021年4月9日朝日新聞夕刊の映画評「アンモナイトの目覚め」が眼に入り、 購入したものずっと読んでいなかった2003年11月発行の「メアリー・アニングの冒険」を読み、 先日「アンモナ […]

続きを読む
ちょっと見てみたい映画
M.A.を巡る その5 コレクター

M.A.(メアリー・アニング)を題材にした映画「アンモナイトの目覚め」を知った時、 随分前に、やはりM.A.を題材にした映画「フランス軍中尉の女」があったので、「え?、何で今また、M.A.(メアリー・アニング)を題材にし […]

続きを読む
見た映画
M.A.を巡る その3 フィルポット軟膏 あるいは 見てから読んだ

映画「アンモナイトの目覚め」を見ていたら、M.A.(メアリー・アニング)が近隣の女性から軟膏薬を購入するシーンがあり、この女性ってM.A.が親しくしていたあの姉妹のひとりかなと思っていたら、軟膏薬の名称が貼った瓶が写り、 […]

続きを読む
見た映画
M.A.を巡る その1 Ammonite 読んでから見るか、見てから読むか

朝日新聞夕刊では週1回、1頁裏表全体が映画情報(映画評・映画動員ランキング等)の日があります(現在は金曜日かな)。 映画評を「見たい映画」の参考にする派と映画評という先入観に影響されるのを避ける等で、まだ見ていない映画の […]

続きを読む
見た映画
de ja min(眠)

岩波ホールで上映されている現代チベット映画特集、2021年3月13日〜4月2日の3週間で7作品が上映されています。 昨日はソンタルジャ監督の「陽に灼けた道」を見たのですが、午後1時から始まるこの映画を見ていると(、昼食は […]

続きを読む
見た映画
母の舌 in 博士と狂人

「オックスフォード英語大辞典」の誕生秘話にまつわる映画『博士と狂人』を見ていたら、博士が狂人が収監されている施設を訪れた際の看守と博士の会話の中に「mother tongue」と言う言葉が出てきました。 狂人から博士への […]

続きを読む
必見映画(個人的には)
モンテッソーリ movie

藤井聡太を通じて認知度が高くなっているモンテッソーリ教育、私がモンテッソーリについて知ったのはブレイディみかこの著書を通じてですが、「モンテッソーリ 子供の家」という映画が2月から上映されるようです。個人的には必見ですね […]

続きを読む
見た映画
ガッテン! キャストも 主題歌にも

映画の基になった大正時代の史実が発生した県では今年(2021年)の1月1日から公開されているこの映画、主演が誰か位しか知らなかったのですが、キャストにもこの県出身の方が多く出演されているのですね、主題歌もこのグループであ […]

続きを読む
ちょっと見てみたい映画
タネダレ

ちょっと見たい映画 タネは誰のもの

続きを読む
ちょっと見てみたい映画
ちょっと気になる 2021年新春に見たい映画

ART ON SCREEN ルーブル美術館の夜 没後500年展 GOGO 94歳の小学生 大コメ騒動 ジャスト6.5闘いの証 ウォーデン 消えた死刑囚

続きを読む