Mogi's Blog

見た映画

エンドロールは涙を乾かす時間

今日は遅ればせながら、前から見たかった映画「家へ帰ろう」をシネスイッチ銀座で見てきました。シネスイッチ銀座に着いたのがちょっと早かったので近くの教文館でヤマザキマリの「ヴィオラ母さん」を購入。シネスイッチ銀座で映画を見た帰りにはいつも京橋の明治屋に立ち寄り、個人的に鉄板のペパリッジファームのチェスメン+αを買います。今回の+αはゴルゴンゾーラチーズ、家庭画報のえびめん、名古屋の樽政本店のカレーうどん。 ... 続きを読む

タレンタイム

マレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの長編映画としての遺作「タレンタイム」、渋谷のイメージ・フォーラムでかなり長い期間上映されていましたが見逃してしまいました。昨日から川越スカラ座で上映されているので遅ればせながら見て来ました。本当に素晴らしくお薦めの映画で、イメージ・フォーラム以外でも多くのミニシアター系の劇場で上映されていますが、既に上映終了になってしまっているのが多いですね。 ... 続きを読む

ロッシ・デ・パルマ

ペドロ・アルモドバルの最新作「ジュリエッタ」を見に行きました。若き日のジュリエッタを演じるアドリアーナ・ウガルテが大変魅力的・・・ですが、初期のアルモドバル映画で常連のロッシ・デ・パルマが2009年の「抱擁のかけら」以来久しぶりにアルモドバル映画に出演し、相変わらず異彩を放っており、ロッシ・デ・パルマ好きにはたまりません。 ... 続きを読む

Frida y México

先日、下高井戸シネマで「フリーダ・カーロの遺品」を見ました。「フリーダの没後50年の2004年に彼女の遺品の封印が解かれた」、何故、そんな長い期間遺品は封をされたままだったのか、映画はこのエピソードから始まります。フリーダに詳しい人にとっては既知のことなのかも知れませんが、自分にとってはsomething newな興味を惹かれる事が満載でフリーダについてもっと知りたくなりました。メキシコに行きたいと思ったことはなかったのですが、メキシコに行ってみたくなりました。普段買わない映画のパンフレットも購入してしまいました。 ... 続きを読む

テルマエ・ロマエといえば

昨日、下高井戸シネマで「テルマエ・ロマエII」を見てきました。
ところで、テルマエ・ロマエと言えば、ヤマザキマリ。
ヤマザキマリと言えば、ユリイカ2014年7月の「ガルシア・マルケス特集」でラテンアメリカ文学のオーソリティの野谷文昭と対談していますね。例によってまだ読んでいませんが。
ガルシア・マルケスと言えば、「コレラの時代の愛」を読み始めました。本の帯によると ... 続きを読む