アリス・B・トクラスの自伝

ガートルード・スタインの「アリス・B・トクラスの自伝」を読み始めました。すごく面白い(まだ、ほんのちょっとしか読んでいないので「すごく面白そう」)
この本も昨年(2019年)末に読んだ原田マハの「楽園のキャンバス」の参考文献にリストアップされていた本で、自分が読んでいるのは、「日本の古本屋」で入手した筑摩叢書版(1981年発行)です。最初の筑摩書房版は1971年に発行されたようですが、今調べたら、1971年はまだピカソも生きていたのですよね。

ミイラにダンスは踊れるか

トマス・ホーヴィングの「ミイラにダンスを踊らせて」を読み始めたのですが、これが面白い。と言っても、まだ4章しか読んでいないのですが。
トマス・ホーヴィングはメット(メトロポリタン美術館)の第7代館長(1967年就任)です。

この本、昨年(2019年)末に読んだ原田マハの「楽園のキャンバス」の参考文献にリストアップされていた本で、今読んでいる邦訳本は1994年発行、訳者あとがきも含めて566頁、21章からなります。(当時の消費税率で)税込で3200円ですが、今は古書でしか入手できません(Amazonから古書で配送料も含め1500円で購入しました)。

本の帯によると(入手した古書は帯つきでした)

美術館の運営もGMの経営も変わりはない!
沈滞しきったメットをアメリカ最大の美術館に仕立て上げた元館長が語る興味つきない回想録

MoMASのミュージアムショップに行く

先日(1月7日)にMoMAS(埼玉県立近代美術館)で開催されている「ニューヨーク・アートシーン-ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで-滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」と言う展覧会に行ってきました。展示が前期・後期で異なっていて、前期の展示には昨年の11月に行き、1月7日は後期の展示に行った次第です。
埼玉県立近代美術館のミュジーアム・ショップはスペース的には小さいのですが、個人的には好きなのです。このミュジーアム・ショップ売っているものの構成は(私個人の独断ですが)

  • 開催されている企画展に関係するもの
  • 埼玉県立近代美術館のコレクションな関係するもの
  • このミュジーアム・ショップ独自の品揃え

1月7日にショップを覗いた際には、今回の企画展に関係するものとして、杉本博司の著作が3冊並んでいて、タイトルに惹かれ「苔のむすまで」(2005年発売された本です)を購入しました。杉本博司の著作は読んだ事がなかったのですが、この本がso interestingで、7日に購入しなかった2冊も「ズバリ! too interesting not to buy  に違いないでしょう!」(丸尾君のマネです)と言う事で、今日は残りの2冊(「アートの起源」「現な像(うつつなぞう)」でした)をgetする為(だけ)にMoMAS(北浦和)に行ってしまいした。

行くっきゃないでしょ 京都市京セラ美術館

京都市美術館が京都市京セラ美術館として、3月21日にリニューアルオープン。柿落としは「京都の美術 250年の夢」「杉本博司 瑠璃の浄土」だって、もう行くっきゃないでしょ。

「THE ドラえもん展 KYOTO 2020」(7月4日〜8月30日)、「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」(9月19日〜2012年1月3日)も
(個人的には)MUSTですね。

参考:京都市京セラ美術館、こけら落としは杉本博司展。20年度ラインナップにはウォーホル展や「平成の美術」展も by 美術手帖

京都&京セラと言えば、「サンガスタジアム by KYOCERA」(参考:2020年オープンの亀岡駅前「京都スタジアム」見どころ徹底解説!)も。

杉本博司と言えば「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」 @ 森美術館 (2020/4/23(木)~ 9/6(日))は@六本木です。

2020年 ちょっと気になる美術展

  • 窓展:窓をめぐるアートと建築の旅 東京国立近代美術館 〜2/2
  • モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展 パナソニック汐留美術館 1/11〜3/22
  • ハマスホイとデンマーク絵画 東京都美術館 1/21〜3/26
  • 奇蹟の芸術都市バルセロナ展 東京ステーションギャラリー 2/8〜4/5
  • 画家が見たこども展 三菱一号館美術館 2/15〜6/7
  • ピーター・ドイグ展 東京国立近代美術館 2/26〜6/14
  • 特別展 和食 国立科学博物館 3/14〜6/14
  • 古典×現代2020―時空を超える日本のアート 国立新美術館 3/11〜6/1
  • STARS展:現代美術のスターたち-日本から世界へ 森美術館 4/23〜9/6
  • 鬼才 江戸期絵画の冒険者たち 東京都江戸東京博物館 4/25〜6/21
  • 三菱の至宝展 三菱一号館美術館 7/6〜9/22
  • 隈研吾展 東京国立近代美術館 7/17〜10/25
  • 知って楽しい日本美術 サントリー美術館 7/22〜9/22
  • ANDY WARHOL KYOTO 京都市京セラ美術館 9/19〜2021/1/3

第一章 大原美術館 MoMA

Amazonで購入し、先日届いた原田マハのこの本を読み始めました。今、第一章を読んだところですが、大原美術館とMoMAに行きたくなりました。
大原美術館は(多分)大学生の時の倉敷・高梁旅行の際(1970年代でしょうか)に訪れたと記憶しているのですが、当時はどんな作品に関心がいったのでしょうか。
MoMAには行った事がないのです(ニューヨークに行った事がないのです)。
ニューヨークに住む近藤聡乃のエッセーにMoMAへ行くと毎回立ち寄るお気に入りの作品と、隣接して展示されている作品(展示替えがあるので作品が替わります)について書かれた文章があったと思うのですが。
ニューヨークと言えばイサム・ノグチ巡りもしたいですね。

リキの積みわら

我が家のディスプレイ(ミュージアムグッズ等)

先日(2019/11/16)埼玉県立近代美術館で開催されている「ニューヨーク・アートシーン -ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで-滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」を見に行きました。
ミュージアムショップでポストカードを見ていたら、何かくすんだカードが。

リキテンスタインの積みわら最初の写真の下段真ん中のもの

カードに記載のアーティスト名を見たらリキテンスタインの作品でした。
手元にとると、モネの積みわらを元にドット(点)で表現したものでした。

 

 

 

 

リキテンスタインと言うと「リキテンスタイン by Wikipedia」

新聞連載の通俗な漫画の1コマを、印刷インクのドットまで含めてキャンヴァスに拡大して描いた作品群で有名。

にあるように、色鮮やかな作品しか知らなかったので、ちょっと意外でした。
家に帰って調べたら、このポストカードの作品は滋賀県立近代美術館がコレクションとして所有しているものでした。

モネの「積みわら」 by wikipedia は

モネは積みわらが日光のもとで様々にその表情を変えることに着目し、同じ主題を同じ視点で描き続けた。

バリエーション群ですが、「リキテンステインの積みわら」はモネの「積みわら」ベースにリキテンステインお馴染みのドットの色を変化させたバリエーションがある作品でした。(リキテンステインの「積みわら」@滋賀県立近代美術館

今回の埼玉県立近代美術館の展示「ニューヨーク・アートシーン -ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで-滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」で滋賀県立近代美術館のコレクションに興味を持ったのですが、滋賀県立近代美術館は計画されていた改修計画が白紙になり、リニューアル開館の予定が不明なのですよね、残念。

参考:滋賀県立新生美術館計画、白紙に by 美術手帖