江戸のパワースポット

何かとパワースポットがブームですが、江戸の人々もパワースポット巡りを楽しんでいたとことで、太田記念美術館では「江戸のパワースポット」と題した特別展が9/1(木)〜9/25(日)に開催されます。江戸時代も中期以降になると街道が整備され旅が庶民にも手が届くものとなり、伊勢参拝が江戸の人々の憧れになったのも良く知られたことです。旅に出ることができない人々は浮世絵に描かれたパワースポットを見て楽しんだのでしょうね。

Bye Bye があれば ハローもある

以前ニューヨークで開催されたBye Bye Kitty展について紹介しましたが、Bye Bye があれば ハローもあるということで『ハローキティアート展』(松屋銀座 8/24(水)〜9/5(月) 以下、全国を巡回)が開催されるようです。これを機に芸術新潮9月号でも『「かわいい」の日本』と題した特集が組まれるようです。国宝絵巻から路傍の石物まで「かわいい日本美術」が紹介されるようですが、どんなものが紹介されるのか楽しみです。

ところで松屋銀座では『アニメ化40周年 ルパン三世展』も8/10(水)〜8/22(月)も開催されます。

日本画どうぶつえん

山種美術館では、「夏休み企画 日本画どうぶつえん」と称して動物を描いた日本画約60点が展示されます。期間は7月30日(土)~9月11日(日)ですが、前半(7/30~8/21)と後半(8/23~9/11)で展示替えがあり、重要文化財の竹内栖鳳《班猫》は前半、速水御舟《炎舞》は後半に展示されるようです。山種美術館には現在の場所に移転してから行ってませんが、面白そうな企画なので行ってみようかな。

お買い上げ @ 国立新美術館ミュージアムショップ

てんとう虫のチョコレート
てんとう虫パッケージのチョコレート

昨日(25日)に国立新美術館ミュージアムショップ『スーベニア フロム トーキョー』で購入したのは以下の3点です。

Dankeのアンブレラグリッパー
Dankeのアンブレラグリッパー

カファレルのてんとう虫チョコレートは何とも言えぬかわいらしいパッケージに魅かれて購入。

Dankeのアンブレラグリッパーはビニール傘の柄につけてビニール傘をおしゃれに変身させるもの。傘置き場での傘の間違いを防ぐという効果もあります。

Hung Ming の Bird Maker
Hung Ming の Bird Maker

Hung Ming(フンミン)のBird Markerは金属シートを鳥の形にくりぬいたしおり(Book Marker)です。

Bird Makerのみ自分で使います。

SIWA

今日、国立新美術館でワシントンナショナルギャラリー展を見た後にミュージアムショップに立ち寄りました。面白いものがいっぱいでしたが、特に欲しかったのがデザイナー深澤直人によるSIWA(紙和)というブランドのブックカバー。残念ながら欲しかった新書サイズがなかったので購入しませんでしたが、SIWA(紙和)は和紙の持つ機能や特徴、優しい風合いを活かした製品です。家に帰ってネットで検索したら新書サイズもあるようです。SIWA(紙和)ブランドはブックカバー以外にもいろいろ面白いものがあります。

ミュージアムショップで購入したものについては別の投稿で。

国芳の洋風表現

歌川国芳には洋風表現と呼ばれる遠近法を取り入れたような作品群がありますが、このような作品の典拠となる画像のひとつとして「東西海陸紀行」が特定されています。7月13日の朝日新聞夕刊の記事やNHKの日曜美術館で紹介されたのでご存知の方もおられると思います。20日に太田記念美術館に『没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳展』の後期展を観に行きましたが、「東西海陸紀行」の画像を典拠にした作品が10点あまり展示されていて大変面白かったです。ネットで検索したら、2007年9月に名古屋大学附属図書館友の会のトークサロン「ふみよむゆふべ」で浮世絵研究家の勝原良太氏が「浮世絵を読む」という題で話をした際の資料(PDF)がありました。「東西海陸紀行」の画像とそれを引用した国芳の作品の対応がわかります。興味のある方は下のリンクを参照下さい。

お気に入り番組

遅ればせながら、昨日(21日)にようやく地デジのアンテナを建てました。早速、ハードディスクレコーダーの繰り返し予約で地上アナログのチャンネルを指定しているものを地上デジタルのチャンネルに変更しましたが、まだ地デジのチャンネルになれていません。

ちなみに最近は以下の繰り返し予約設定になっています。

  • めざましテレビ(の「きょうのわんこ」のコーナー) フジテレビ  月曜日-金曜日 7:50-8:00
  • 新・警視庁捜査一課9係 テレビ朝日 水曜日 21:00-21:54
  • 秘密のケンミンSHOW 日本テレビ 木曜日 21:00-21:54
  • だいすけ君が行く!!ポチたま新ペットの旅 テレビ東京 金曜日 12:3513:30
  • キッチンが走る! NHKテレビ  金曜日 20:00-20:45
  • 食彩の王国 テレビ朝日 土曜日 9:30-9:55
  • 美の巨人たち テレビ東京 土曜日 22:00-22:30
  • 日曜美術館 NHK Eテレ 日曜日 9:00-10:00

目黒区民センター

今日、「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ展」を観に目黒区美術館へ行きました。今回、目黒区美術館には初めて行ったのですが、目黒川沿いの目黒区民センター内にあり目黒駅から徒歩10分程度です。今日は猛暑で目黒川付近へ行く迄は大変でしたが、目黒川沿いには遊歩道もあり、目黒区民センターは緑溢れるすごく良い環境です。緑陰の涼しさに加え、目黒区民センター内には50メートルプールと幼児用プールがあり、親子連れやカップルが楽しんでいました。このプール、区民しか利用できないのかなと思い、家に帰って調べてみたら、区民以外でも利用でき、料金は2時間以内なら大人200円、追加料金も1時間毎に150円という安さです。目黒区民センター、もしかしたら穴場かも。

リンク:

江戸の宅急船

日本人なら誰でも知っている北斎の神奈川沖波裏。大きな波に翻弄される三艘の舟。小さな舟は大きな波とのデザイン的な対比で描かれただけと思っていたのですが、この舟は伊豆や房総から生魚を運んだ高速の「押送船(おしおくりぶね)」と呼ばれた舟だそうです。よく見ると舟には八人の漕ぎ手がいます。更によく見ると二人の交代要員の漕ぎ手がいます。押送船は帆走・漕走併用の小型の高速船で漕ぎ手を交代しながら江戸に新鮮な魚を運んでいたのですね。

リンク:

pay as you wish

恥ずかしながら最近「pay as you wish」という言葉を知りました。「pay as you wish」、要するに購入者・利用者側が値段を決めるシステムの事です。例えばフェルメールの絵が3点あるニューヨークのフリックコレクションでは日曜日の午前11時から午後1時まではpay as you wish として、自分の好きな金額を入館料として払えば入館できるそうです。「pay as you wish 美術館」で検索するとアメリカの美術館が多くヒットします。日本で「pay as you wish」を取り入れている所はあるのでしょうか。