コンテンツへスキップ

今日(2/8)は関東地方でも大雪の予想。今、朝の6時頃ですが、上尾でも大分積もってきました。雪と言えば、鈴木春信の『雪中相合傘』。TV TOKYOで土曜夜10時に放送されている「美の巨人たち」の今日の作品です。
この作品、江戸東京博物館で開催中の『大浮世絵展』で展示されていたのを見たのですが、実物を見ると何とも不思議な雰囲気。
『大浮世絵展』の出品リストで確認したら、展示されているのは大英博物館所蔵のもので、展覧会の期間中展示されているようです。

番組のホームページによると

鈴木春信作「雪中相合傘」。切なくも儚い恋の道行き。しっとりとした この絵には、浮世絵ならではの数々の技法が秘められていたのです。降る雪に、積もる雪に、そして鮮やかな着物の柄にも・・・

BS JAPANでは、3/5(水)の22:54 - 23:24に放送されます。

リンク:アダチ版画のスタッフブログより

昨日、最寄り駅の駅ビルにある芳林堂に立ち寄りました。小さな駅ビルの小さい店舗ですが、自分好みの本があるコーナーがあります。そこで、クラフト・エヴィング商會『星を賣る店』なる本を発見、買ってしまいました。(発見と言えば、別冊Discover Japan『日本の和菓子』も購入しました)

家まで帰るバスの中でこの本の前口上を読んでいたら、

この本は2014年1月26日から3月30日まで世田谷文学館で開催されている『クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会 星を賣る店』の公式図録であると共に、クラフト・エヴィング商會の商品目録でもあり、ベストアルバムのようなものでもある

そうです。

世田谷文学館でこんな面白そうな企画展が開催されていることは知りませんでした。と言うことで、本はこの企画展に行ってから読むことにします。