コンテンツへスキップ

日本に帰国する6/28朝8時のウィーンの空。 塔はミヒャエル教会の塔。教会は広場...

日本に帰国する6/28朝8時のウィーンの空。
IMG_0453.JPG
塔はミヒャエル教会の塔。教会は広場をはさんで王宮のミヒャエル棟に面して立つ。
朝から良い天気ですが、上空では雲の流れも。今日もまたどこかで雨が振るような。帰国したこの日に雨が降ったかは解りませんが、結局ウィーンにいた日は毎日雨が降りました。にわかに空が暗くなり、雷鳴がし、雨が30分から1時間降ります。日本の夕立のイメージです。日本の夕立は文字通り夕方に降ることが多いですが、ここでは昼過ぎや夜のこともありました。でもウィーンの中心街を観光するには傘は無くても何とかなります。雨になったら近くの地下鉄駅や大きなお店に非難すれば、そのうちに雨はやみます。

... "ウィーンの空" を続けて読む

日本に帰る日。飛行機の出発時間が14:05なので、朝食後、滞在したホテルの近辺に...

日本に帰る日。飛行機の出発時間が14:05なので、朝食後、滞在したホテルの近辺に朝の散歩に行きました。
ホテルの近くかつ観光スポットにもかかわらず、今回じっくり訪れることができなかった王宮近辺を建物だけ見て周りました。旅行ガイドによると王宮とそれに付属する教会・図書館等をじっくり見学しようとするとそれだけで1週間はかかるとのこと。

IMG_0444.JPG
自然史博物館。マリア・テレジア広場を挟み美術史美術館と対をなす建物。ドレスデンの歌劇場(ゼンパー・オーパー)などの設計で有名な19世紀の建築家ゼンパー等により1871年-1891年に建てられました。

... "朝の散歩 帰国の日" を続けて読む

滞在したホテルの部屋番号は20(zwanzich:ツヴァンツィヒ)。今回のウィー...

滞在したホテルの部屋番号は20(zwanzich:ツヴァンツィヒ)。今回のウィーン滞在中、話したドイツ語は部屋の鍵を受け取る為に話すzwanzich:ツヴァンツィヒのみ。たまにはDanke(ありがとう)もあったかも。

IMG_0337.JPG
ベッド周りです。

... "滞在したホテルは" を続けて読む

オレンジ色といえば、独逸で道路などの清掃をする人達の制服の色はオレンジ色でしたが...

オレンジ色といえば、独逸で道路などの清掃をする人達の制服の色はオレンジ色でしたが、ウィーンでもオレンジ色です。

では郵便ポストの色は?
こんな面白いサイトがあります。
http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/post.html

... "オレンジ色" を続けて読む

Euroコインの表側はEuro圏共通デザインですが、裏側は各国独自だということは...

Euroコインの表側はEuro圏共通デザインですが、裏側は各国独自だということはよく知られていますが、オーストリアのEuroコインの裏側は以下だそうです。

2ユーロ:ベルタ・フォン・ズットナー(ノーベル平和賞受賞者)
1ユーロ:モーツァルト
50セント:ウィーン分離派会館
20セント:ベルヴェデーレ宮殿
10セント:シュテファン寺院
5セント:サクラソウ(アルプスの花)
2セント:エーデルワイス(アルプスの花)
1セント:リンドウ(アルプスの花)

ウィーン行きのオーストリア航空の食事にそばが出た。わさびと海苔がついていたのです...

ウィーン行きのオーストリア航空の食事にそばが出た。わさびと海苔がついていたのですが、気がつかず、わさび・海苔なしのそばを食しました。

ウィーン滞在二日目に美術史美術館のカフェでとった昼食でソーセージをオーダーしました。
メニューにwith horse radishと書いてあったが何かわからなかった。
出てきたhorse radishを食べたらからかった。

後でネットで調べたらhorse radishは「西洋わさび」でした。

その次の日たまたま見つけたナッシュマルクトという食品市場に「WASABI」と書かれているものが。でも日本でも見たことはない。
Was ist das?(いったい何?) ドイツの市場でも見かけなったけど・・。

IMG_0380.JPG

トマトの下の緑色のが市場で「WASABI」と書かれて売られていたものです。ナッツをわさびパウダーでコーティングしています。個人的には結構好き、ピリッときいたわさびがくせになります。
スイカとトマトもナッシュマルクトで買ったものです。

2008年に独逸のワールドカップを見に行った時に、何も知らずに買ったミネラルウォ...

2008年に独逸のワールドカップを見に行った時に、何も知らずに買ったミネラルウォーターがガス(炭酸)入りだったことがある。ガス入りはどうも苦手です。
独逸語のohneは英語で言うとwithout、独逸語のmitは英語で言うとwith。
「ohne Kohlensaure」とラベルに書いてあるのを買えば炭酸なしになるのですが、ラベルやキャップにわかりやすくohneと表記されていないものも多い。
今回の旅ではキャップにohneとはっきり書かれているVOSLAUER(ヴェスラウアー:正確にはOにウムラウトあり)を愛飲しています。
ところでVOSLAUERにはmild(微炭酸)もあるのですよ。
どんな飲み心地なんだろう?

「ヨーロッパではバイク(自転車)を電車内に持ち込めるところが多い」と書き始めたが...

「ヨーロッパではバイク(自転車)を電車内に持ち込めるところが多い」と書き始めたが、そんなに多くの国に行ったわけでない。自転車王国のオランダは勿論可だが、ポルトガルでも車両の外に自転車マークが描いてあった電車があった気がする。今日はウィーンの地下鉄の乗り換え駅で自転車軍団がどっと降りてきた。