コンテンツへスキップ

ウィーン滞在5日目の27日分離派会館を再訪した後、以下の世紀末建築を巡りました。...

ウィーン滞在5日目の27日分離派会館を再訪した後、以下の世紀末建築を巡りました。
 エンゲル薬局 オスカー・ラスケ設計      1902年
 アンカー時計  フランツ・フォン・マッチュ設計 1911-1917年
 マンツ書店   アドルフ・ロース設計       1912年
 ロースハウス  アドルフ・ロース設計      1909-1911年

IMG_0419.JPG
エンゲル薬局。オスカー・ラスケ設計、1902年。
16世紀創業の現存するウィーン最古の薬局を1902年にユーゲント・シュティール様式に改装したもの。正面左右にモザイク画の天使が大胆に配置されています。天使が捧げるのは薬杯で、よく見ると手に蛇(医学の神アスクレビオスに由来する薬学のシンボル)が巻きついています。

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その4 " を続けて読む

ウィーン滞在四日目の27日はまず分離派会館を再訪しました。 分離派会館側面全体 ...

ウィーン滞在四日目の27日はまず分離派会館を再訪しました。

IMG_0406.JPG
分離派会館側面全体
 

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その3 分離派会館再訪" を続けて読む

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906...

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906年(第1期)、1910年から1912年(第2期)に建てられたのこと。実用的でかつ芸術的、今から100年程前に立てられたとは信じられない。当時の人にとってはどんなにモダンだったことか。

IMG_0370.JPG
郵便貯金局のファサード(前面)。手前の芝生の所には白い花と葉を刈ってサッカーボール型にしてありました。

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その2 郵便貯金局" を続けて読む

19世紀末のウィーンでは、バロックやロココといった荘厳できらびやかな建築スタイル...

19世紀末のウィーンでは、バロックやロココといった荘厳できらびやかな建築スタイルと異なる過剰な装飾を排した斬新な建物群が建てられました。
「世紀末建築」と呼ばれているこれらの建物を見るのも今回の旅の目的のひとつです。

ウィーン滞在2日目の24日に分離派会館を訪れました。
分離派会館はエゼフ・マリア・オルブリヒ設計。1897-1898年。

IMG_0355.JPG

月桂樹の葉を型どった金色のドームは遠くからでも目立ちます。自然をモティーフにした装飾はよく知られていますが、実際に見ても今なお斬新です。地下展示室にはクリムトの三連フレスコ画のベートーヴェン・フリーズがあります。

ウィーン滞在3日目の25日はオットー・ヴァグナー設計の
マヨルカハウス&メダイヨン・マンション  1898-1899年
カールスプラッツ駅舎            1898年
カイザーバート水門監視所         1906-1907年
郵便貯金局                  1904-1912年
を訪れました。

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その1" を続けて読む