蜻(あきづ)をめぐる冒険 じゃ県

朝日新聞9月11日の書評欄の「オススメ 編集部から」で紹介されていた「じゃ県2」。出版元は岡山の蜻文庫。社名に蜻(あきづ)が入っているのはどういう謂れでしょうか?
ウェブサイトの「蜻文庫について」によると

《いしいひさいちファンの、在岡山市兼業出版者です》

とのこと

蜻(あきづ)をめぐる冒険 女には向かない職業

いしいひさいちって岡山出身だったのですね。そう言えば、昔、いしいひさいちの本をコレクションしていた記憶が。書棚を見たら、「女(わたし)には向かない職業」がありました。そうでした「女には向かない職業」の藤原瞳先生が好きなのでした。

蜻(あきづ)をめぐる冒険 万葉の生きものたち

蜻(あきづ)をめぐる検索の旅に出ていたら・・・

「蜻」が「あきづ」と読み、「とんぼ」であることは、その会社のウェブサイトを見ればすぐわかるのですが、なぜ「あきづ」なのだろう。ということで、「あきづ」でググると

さらに「あきづしま」でググると
「意味とはフレーズ表現辞典」の「蜻蛉洲 あきづしま」に

神武紀31年条に、神武天皇が大和を国見されたとき、その地方の形を「あきづの臀呫(となめ)の如くにあるかな」と言われたという地名起源説話が残されています。
臀呫(となめ)とは、トンボの雌雄が互いに尾をくわえ合って輪の形になって飛ぶことを意味する古語名詞です。

蜻(あきづ)をめぐる冒険 臀呫(となめ)

蜻(あきづ)をめぐる検索の旅に出ていたら・・・

神武天皇が大和を国見された時、その地形が「蜻(あきづ)のごとし」と言われた、と記憶していましたが、正しくは「あきづの臀呫(となめ)の如くにあるかな」と言われたのですね。

「あきづの臀呫(となめ)の如く」とあるけど、「臀呫(となめ)」って言葉は「あきづの臀呫(となめ)」専用の言葉なのでしょうか。

「となめ」でググると、「大塚ひかりの訳せない、訳したくない古典のことば」の「【第2回】 となめ」が先頭に表示されました。

「大塚ひかりの訳せない、訳したくない古典のことば」は、小学館のサイト「web日本語」の過去のコラムだったようで、「コラム バックナンバー」から参照できます。

小学館のサイト「web日本語」、初めて知りました。コラムが面白い。

蜻(あきづ)をめぐる冒険 むかし、「なでしこジャパン」は「なでしこニッポン」だった

蜻(あきづ)をめぐる検索の旅に出ていたら・・・

小学館のサイト「web日本語」のコラム「そのことば、江戸っ子だってね!?」の「第6回 なでしこジャパン」によると

なでしこジャパン」の「ジャパン(Japan)」のほうであるが、「日本」を中国人が訛(なま)って呼び、それがヨーロッパに伝わってジャパンになったことは、あまり知られていない。
(中略)
だから「なでしこジャパン」も、もともとは「なでしこニッポン」が訛った言葉なのである。

だそうです。なるほどね。(「なるほどね」って、上記引用の(中略)の部分に書かれているのですが)