コンテンツへスキップ

2016 伊藤若冲の作品が見られる京都情報

日曜美術館の日美旅のサイトの「京都へ 若冲旅」の最後に「2016 伊藤若冲の作品が見られる京都情報」が紹介されています。

◎相国寺承天閣美術館 (上京区)
収蔵作品「鹿苑寺大書院旧障壁画」(全50点)など
・〜2016/6/19までは「鹿苑寺大書院旧障壁画」50点のうち、「葡萄小禽図」「月夜芭蕉図」2点のみ見られる
・2016/7/1〜2016/12/4 若冲展開催予定 障壁画50点すべて観覧可能
それ以外にも第一・第二展示室すべてを使い、若冲ゆかりの作品が並ぶ

◎細見美術館(左京区)
収蔵作品「糸瓜群虫図」「鼠婚礼図」など
・2016/6/25〜2016/9/4 「伊藤若冲」展 細見コレクションを始めとして20数点を展示予定

◎京都市美術館(左京区)
・2016/10/4〜2016/12/4「伊藤若冲生誕300年記念 若冲の真実」展

◎建仁寺塔頭 両足院(東山区)
2016/12/9〜2017/1/29「雪梅雄鶏図」特別拝観(12/30、31は拝観休止)

◎京都国立博物館(東山区)
収蔵作品「果蔬涅槃図」「群鶏図障壁画」など
・2016/12/13〜2017/1/15 特集陳列「生誕300年 伊藤若冲」を予定

◎石峰寺(伏見区)
収蔵作品「虎図」、「五百羅漢石像」など
・2016/4/26〜2016/5/5「生誕三百年石峰寺伊藤若冲顕彰会 特別展示会」開催。「虎図」など10点程度展示予定。
・2016/9/1〜2016/9/10にも展示を行う予定。命日9/10には法要が行われる。

3 thoughts on “2016 伊藤若冲の作品が見られる京都情報

  1. rabi

    今年はあちこちで若冲展が開かれてますね。昨日、久々に上京して「ルノワール展」に行ってきました。思っていたほど混んでいませんでした。ルノワールの「草原の坂道」が良かったです。「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」にも興味はあったのですが、行けなくて残念でした。

    返信
    1. 茂木 政美

      「ルノワール展」、行こうと思いながらまだ行けていないです。「ルノワール展」の他には「ポンピドゥー・センター傑作展」、「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」に行こうと思っています。

      返信
  2. rabi

    ルノワール展の後、旧友が丸の内のkitteにあるInterMediaThequeに連れて行ってくれました。ワンフロアしか見なかったのですが、なかなかの展示物でした。無料だなんて驚きです。その旧友もジュリア・マーガレット・キャメロン展にも行きたいっていってました。東京はいつもいろんな展覧会やっていて楽しめますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です