コンテンツへスキップ

食事は美術館のカフェで

昨日の昼食は美術史美術館の中にあるカフェでとりました。 カフェの床の模様がとても...

昨日の昼食は美術史美術館の中にあるカフェでとりました。

IMG_0346.JPG

カフェの床の模様がとてもおしゃれ。

言葉の問題がある日本人にとって、美術館のカフェやレストランはお勧め。
理由は
・メニューに現地の言葉に並べて英語の説明もついている
・リーズナブルな値段
・結構おいしい
・中に入って雰囲気やメニューを確認してから利用するか決められる
といったところでしょうか。

ただ、美術史美術館のカフェでは例えば「カラバッジョサラダ」という風に
いくつかのメニューに画家の名前が付けられていてどんな内容なのか
説明もありませんでした。

オーダーすればあるいは得意の「Destroyed English」を使ってどこが
カラバッジョか聞けば良かったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です