コンテンツへスキップ

今日は前から行きたかった『めがねと旅する美術展』を見に静岡県立美術館に行ってきました。静岡県立美術館は若冲の『樹花鳥獣図屏風』を保有していることもあり、前から一度行ってみたいと思っていた美術館なのです。今回、静岡県立美術館の館長が木下直之さんであることを知り、この大変面白い『めがねと旅する美術展』を開催するのも必然だと思いました。

間近に見る富士山も期待していたのですが、残念ながら今日は小雨模様で、午後は晴れ間も見えましたが、富士山は雲に隠れて見えませんでした。