コンテンツへスキップ

澁澤龍彦 ドラコニアの地平

タイトルは最初は龍×龍、次は芦花公園にしようかなと思っていたのですが。

最近は文庫本は殆ど読まないので、最寄りの書店でも文庫本のコーナーには殆ど行きません。
が、大分前に文庫本のコーナーに澁澤龍彦の本が多く並んでいることに気づき、本の帯の記載で今年が澁澤没後30年だということを知りました(「澁澤龍彦ふたたび (KAWADE夢ムック 文藝別冊)」で先に知ったのかも)。1ヶ月程前には「文藝別冊 芥川龍之介 (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 」で、今年は芥川の没後90年であることも知りました。
「そうか、今年は龍×龍(龍and龍)なんですね」

何で知ったか忘れましたが、世田谷文学館で『澁澤龍彦 ドラコニアの地平』という展覧会が開催されることを知り、絶対行かなきゃと思いつつ雑事に追われ12月10日にやっと行くことができました。世田谷文学館は芦花公園にあるのですが、多分行ったことはなかったような。『高丘親王航海記』の草稿などドラコニアファンにとつては興味の尽きない展示が多数あり、17日に再度訪問することにしました。

渋谷のBunkamura Galleryでは12月1日~12月10曰に『澁澤龍彦のアヴァンギャルド』と題して、澁澤にゆかりのある作家の作品の展示販売も行われていました。この催しには12月9日に行ったのですが、「どれかお気に入りの作品はありますか?」と聞かれたら、「スワンベリとクリンガーの作品ですね」。
ということで、この記事のタイトルは「わが心の庭にただひとりいる人」になりました。