渦と結の間(あわい)

2ヶ月位前に行きつけの地元の書店の文芸書のコーナーに大島真寿美の新刊の『結 妹背山婦女庭訓 波模様』がありました。その装丁と書名から、史上初の直木賞&高校生直木賞をW受賞した『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』の続編だとすぐにわかりました。
と、まるで前書「渦」を読んでいるように書きましたが、そもそも高校生直木賞なるものがある事を「渦」で知ったのです。直木賞&高校生直木賞のW受賞には全く惹かれなかったのですが、「渦」の装丁と高校生には縁遠いようにも思われる浄瑠璃を題材にした「渦」(のどこを高校生が評価したのだろうということ)に興味が惹かれたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です