コンテンツへスキップ

朝日新聞生活面のコラム「あのね」に2004年1月~2006年10月に掲載された子どもたちのつぶやきを抜粋したものが文庫本(『あのね 子どものつぶやき』)として出版されました。その中から好きなものをチョイスしました。

  • イチゴを前に、コンデンスミルクの名前が思い浮かばない。「ママ あれちょうだい・・・・・・ イチゴのしょうゆ」 東京都立川市 理沙ちゃん 3歳
  • 認可保育園に入れなくて泣いている母を見て、「仲間に入れて欲しいときは 大きな声で言えば入れてくれるよ」 神奈川県川崎市 八重ちゃん 4歳
  • 「ママ、おじいちゃんて子どもいるの?」 「ママが子どもだよ」 「えー! ずいぶん大きい 子どもだね」 静岡県三島市 優花(ゆか)ちゃん 5歳
  • 入園前の練習。 「お名前は?」「おなまえ」「何歳?」「ちいさい!」  愛知県豊橋市 光来(みらい)ちゃん?君? 2歳
  • 入園面接の練習で、「お名前を教えて下さい」と言う母に、「自分でつけたんだから 知っているはずでしょつ」 神奈川県横浜市 真亜紗ちゃん 3歳
  • おもちゃのカタログをじっと見ている。「何書いてあるの?」と聞く祖母に、「えーと こどもに 買ってあげてくださいって!」 東京都練馬区 爽(さや)ちゃん 3歳
  • 父と母が母国の言葉を何度も教える。「ありがとうは、カムサハムニダ」「カメさんだ~」 東京都福生市 柚希(ゆずき)ちゃん?君? 2歳
  • 公園で遊んでいると、「パパ チョコチョコアイスって 言っているよ」 ツクツクボウシが鳴いていた。 神奈川県逗子市 ゆいちゃん 4歳
  • 空を指さし、「ママ あたらしいカラスがいるよ うわー あたらしいよつ!」 真っ白なシラサギガ飛んでいた・・・・・・。 埼玉県岩槻市 奈々ちゃん 2歳

迂闊にも開催されていたのを知らず見逃してしまったのですが、米原万里に関する展覧会が開かれていました。

  • 米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」(川西町フレンドリープラザ:1/10~2/8、仙台文学館:2/14~3/8)
  • 「米原万里、そしてロシア」展(鎌倉芸術館:4/29~5/8)

展覧会の公演や展覧会の内容を基に『米原万里を語る』『米原万里、そしてロシア』の2冊の本が最近出版されました。米原万里を特集したユリイカの2009年1月号が発売して暫くして売り切れになるなど、今も米原ファンは多いようです。

市川市の芳澤ガーデンギャラリーで来年の3月~4月に『米原万里展(仮)』が催されるようです。今度こそ見逃さないようにしないと。

この『NHK世界美術館紀行』シリーズはNHKの『世界美術館紀行』を本にしたもので、第2巻(オランダのアムステルダム国立美術館・マウリッツハイス美術館他)、第8巻(オーストリアのウィーン美術史美術館・オーストリア美術館他)では美術館に訪れる前に読んで予備知識としたり、または日本に帰った後読んで美術館を再訪したくなったりしています。

この7巻は5月にロンドンを訪問する前に途中まで読んで、最近もう一度全部を読み直しました。この巻に取り上げられている3つの美術館は5月にロンドンを訪問した際に訪れており、訪問する前に読んだのとはちょっと違った角度で読めたかも。

ロンドンでKUNIYOSHI展を見たので、日本に帰ってきてから、前に買ってあって読んでいなかった『もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品』を読みました。

このABC(アート・ビギナーズ・コレクション)シリーズは、タイトルどおり、アーティストの生涯と作品をわかりやすく解説してあり、好きなアーティストのものを読んで楽しんでいます。

このシリーズは巻末にアーティストの作品を所蔵する主な施設が一覧になっており、国芳の作品を見に行きたくなりました。

  • 東京国立博物館:国芳作品を484点を所蔵
  • 神戸市立博物館:洋風版画を中心に国芳作品を約270点を所蔵
  • 日本浮世絵博物館(長野県松本市):国芳作品については約1万点、ほとんどの作品を所蔵

見に行った時に所蔵されている作品のどれが公開されているかはお楽しみですね。

エキセントリックと形容されることが多い蕭白。事実、昨年の夏に東京国立博物館で開催された特別展「対決-巨匠たちの日本美術」では、エキセントリック蕭白の代表作『群仙図屏風』が展示され、見る人に強烈な印象を与えていました。

エキセントリックな面が強調される蕭白ですが、『無頼の画家 曾我蕭白』やアート・ビギナーズ・コレクション・シリーズの『もっと知りたい曾我蕭白―生涯と作品』を見ると大変な技巧派であることも良くわかります。

それにしても、円山応挙、伊藤若沖、曾我蕭白、長澤蘆雪、与謝蕪村、池大雅が同時代に活躍した18世紀京都、行ってみたい。

クリストバル・コロンのことは殆どの人が知っていると思いますが、コロンによる<新世界>発見後、入植したヨーロッパ植民者によって多くの先住民が虐殺されたことは世界史の授業でもほんの少し触れられるだけのような気がします。この先住民虐殺を糾弾し、彼らの生命と尊厳を守る闘いに半生を捧げたカトリック司教ラス・カサス。この『ラス・カサスの道』はカリブ中南米各地にラス・カサスの足跡を訪ね、ラテンアメリカの過去と現在を照射するノンフィクションです。と書いたもののラス・カサスについては全然知りませんでした。

この本を評するには余りにもカリブ中南米について知らな過ぎる。現在についても過去(歴史)についても。

『あきらめきれない教師たちのリアル ロンドン都市裏、公立小学校の日々』の原著タイトルは『Oranges and Lemons』で、訳者後記によると、

Oranges and Lemons』はロンドンっ子にはごくごく親しい伝承童謡から取られていて、これを見ただけで英国の人びとには、これがロンドンの子どもたちにかかわる書物であるとすぐさま思い当たるということ

だそうです。

この本の舞台となっているイーディス・ネヴィル小学校は、サマーズタウンという街区の真ん中あたりに位置し、生徒の4/5は家庭で英語以外の言語を話すという移民地域ですが、生徒の2/3に給食費保障の受給資格が与えられているという貧困地域でもあります。ベンガル語とソマリ語を話す子が多いようですが、アラビア語やその他のアフリカ系・ヨーロッパ系の言語を話す子もいます。ベンガル語はバングラデシュからの移民によって話され、1970年代に多くのアジア人が流入してきたようですが、近年ではソマリア、スーダン、セルビア等の難民が多いようです。

邦題は、このような地域で奮闘する教師たちがリアルに描かれていることによるようです。

この本を読むと、英国の教育制度の概要を掴む事ができますが、全国一斉学力テストや学校監査等、英国では近年教育の中央統制の強化が行われていて、日本と似ている点が多いなと感じました。(子の無い身の私には日本の教育に関しては語る資格がありませんが)

ただ日本と違うなと思ったのは、

  • 中央統制の強化の下においても各学校の独自性が強い
  • 移民の文化に配慮した教育がおこなわれている
  • 閉じた学校ではなく、地域コミュニティに役立つ学校をめざしている

等です。

イーディス・ネヴィル小学校の雰囲気は以下のサイトからも感じ取れます。

http://www.edithneville.camden.sch.uk/