巡回する太郎ちゃん

東京ステーションギャラリーで4月24日〜6月27日に予定されていた「コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画」展、個人的には必見の展覧会なのですが、4月24日から2日間開催されたものの、その後、「なんちゃら事態宣言」で東京ステーションギャラリーは臨時休館。
いつ再開されるか、限りなく不透明ですが、各地を巡回するようです。ちょっと楽しみ。

■巡回情報(予定)
・新潟県立万代島美術館
 2021年9月18日(土)~11月7日(日)
・あべのハルカス美術館
 2021年11月20日(土)〜2022年1月16日(日)
・高知県立美術館
 2022年1月29日(土)〜3月21日(月)
・富山県水墨美術館
 2022年7月15日(金)〜9月4日(日)
・岩手県立美術館
 2022年9月17日(土)〜11月6日(日)

    巡回する太郎ちゃん” に対して2件のコメントがあります。

    1. rabi より:

      富山にくるのは来年ですね。楽しみにしてます。
      今日は富山県美術館へ「印象派からエコール・ド・パリ」展を見に行ってきました。
      ラウル・デュフィ「パリ」、アルフレッド・シスレー「ロワン河畔・朝」、エミール・ガレ「女神文香水瓶」、ゴッホ「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋等が印象に残りました。
      コロナ禍で外出することもめっきり減りましたが、お気をつけてお過ごしくださいね。

    2. 茂木 政美 より:

      コメントありがとうございます。

      山手線で電車が五反田駅近くのポーラ化粧品本社ビル付近を通過する度に、ポーラ美術館で開催中の展示が紹介された大きなバナーを見て興味を惹かれるものの、箱根のポーラ美術館て行ったことがないのですよね。
      「印象派からエコール・ド・パリ」展って、富山県美術館の後、あべのハルカス美術館、Bunkmuraザ・ミュージアムに巡回するようですね。Bunkmuraザ・ミュージアムの巡回には行きたいですね。

      と言うのも・・・

      (参考)
      渋谷駅周辺の東急の再開発プロジェクト(https://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/index.html)の一貫なのでしょうが、5月に「渋谷の東急百貨店本店が2023年春以降に解体される」と発表され、報道されました(https://www.asahi.com/articles/ASP5F6HQDP5FULFA02T.html)。
      これによるとBunkamuraは大規模に改修されるようですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です