コンテンツへスキップ

ロンドン滞在最終日、Tate Modernを出た後は、テムズ川岸を気儘に散策しました。

ロンドン市庁舎
ロンドン市庁舎
右端の奇妙な形の建物はガーキン(ピクルスに使われるキュウリ)の名で親しまれる地上40階、高さ180mの高層オフィスビル
右端の奇妙な形の建物はガーキン(ピクルスに使われるキュウリ)の名で親しまれる地上40階、高さ180mの高層オフィスビル
タワーブリッジ
タワーブリッジ
タワーブリッジ欄干のエンブレム 白地に赤十字はイングランド代表のユニフォームでおなじみのセント・ジョージ
タワーブリッジ欄干のエンブレム 白地に赤十字はイングランド代表のユニフォームでおなじみのセント・ジョージ
ロンドン塔 11世紀に軍事要塞として建てられたが、その後、居城、監獄・処刑場、異端者・反逆者の幽閉場として使用された。旅行ガイドによると「敷地内は広いので、見学には3時間は欲しい」との事。今回は外から見ただけ。
ロンドン塔 11世紀に軍事要塞として建てられたが、その後、居城、監獄・処刑場、異端者・反逆者の幽閉場として使用された。旅行ガイドによると「敷地内は広いので、見学には3時間は欲しい」との事。今回は外から見ただけ。
新旧対比? ロンドン塔の建物の間からガーキンが
新旧対比? ロンドン塔の建物の間からガーキンが
B.A London Eye (観覧車)
B.A London Eye (観覧車)
Big Ben(時計塔)で有名な国会議事堂
Big Ben(時計塔)で有名な国会議事堂

ロンドン滞在5日目はテムズ川リバーサイド散策ということで、まずセント・ポール大聖堂からスタートです。チャールズ皇太子とダイアナ元妃の結婚式はここで行われたそうです。

Gallery(回廊)からの眺めを楽しむ為に、ドームの中の階段を昇りました。257段昇ると、「the Whispering Gallery(ささやきの回廊)」に達します。the Whispering Galleryはドーム内部にある回廊で、その名はささやく声がドームの反響により回廊の反対側迄届くことに由来するようです。残念ながら、建物の内部での写真撮影は禁じられている為、the Whispering Galleryからのドーム内部の眺めを画像で紹介できません。

さらに急な階段を119段昇るとドームの外側にある「the Stone Gallery(石の回廊)」に出られます。さらに152段昇るとドーム上部の「the Golden Gallery(金の回廊)」なのですが、上へ昇る階段は「closed」となっており、the Golden Galleryにはいけませんでした。

セント・ポール大聖堂
セント・ポール大聖堂
石の回廊からの眺め 正面に見えるのはLondon Eyeと呼ばれる観覧車
石の回廊からの眺め 正面に見えるのはLondon Eyeと呼ばれる観覧車
テムズ川側から見たセント・ポール大聖堂のドーム
テムズ川側から見たセント・ポール大聖堂のドーム