冷たい・だと人は言うけれど

手を握ると大体、相手の手を暖かく感じる。あるいは、手を握ったら、「手、冷たいね」と言われる。
自分の手が冷たい方だと気づいたのは、いつだろう。

寄る年波、最近手足の冷えがこたえる。
あまり使っていませんでしたが、以前ネット購入した「新光堂 純銅製ミニ湯たんぽ」の出番かな。

改訂109版

昔、岩波書店の日本古典文学体系の本を何冊か読んでいた頃、基本的な古文読解力を得ようと、小西甚一著「古文研究法」を古本屋で入手しました。読書録を調べたら、以下でしたので、「古文研究法」は1980年代に入手したのでしょう。

  • 1983年 宇治拾遺物語
  • 1984年 落窪物語 堤中納言物語
  • 1985年 上田秋成集
  • 1989年 方丈記 徒然草

岩波の日本古典文学体系はこの後1989年から改訂版として収録書目を一部入れ替え、新日本古典文学体系となり、こちらも何冊か購入したもののいつかは読み(初め)たいと思いつつ、未読のままでした。数年前、「古文研究法」(洛陽社)がいまだに販売されている事を知り、新本を購入しました。

最近、在宅時間が長くなったこともあり、古典文学に再チャレンジということで、自分が持っている「古文研究法」を手に取って奥付を見たら、

  • 1955年9月10日 初版発行
  • 1965年12月20日 改訂版発行
  • 2012年2月25日 改訂109版発行

小西甚一は2007年に亡くなられているようなのですが、なんと改訂109版。

行方不明になっていた、古本の「古文研究法」も出てきました。こちらの奥付は

  • 昭和30年9月10日 初版発行
  • 昭和40年12月20日 改訂版発行
  • 昭和41年4月30日 改訂8版発行

「古文研究法」は今もちくま学芸文庫として販売されており、武藤康史の書評「小西甚一『古文研究法』ができるまで」によると

『古文研究法』のその後の版の奥付を見ると昭和四十年に「改訂版発行」となっているけれども、これは大きな改訂のことであり、「改訂版のあいさつ」が示唆するごとく、増刷のたびに改訂が繰り返されていたのだ。

ハッチョウの由来

今読書中の本(books)のうちの1冊、ハッチョウトンボが小説の展開に大きな役目を果たします。

(¬物知り)の私ですから、ハッチョウトンボが羽の長さは15mm、体長2cmほどの日本一小さなトンボであることも初めて知りました。(そもそもハッチョウトンボ自体を知りませんでした)

ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)のハッチョウの由来って何? 気になります。

wikiさんに聞いてみたら、

名前の由来は、尾張の本草学者・大河内存真(おおこうち ぞんしん:1796-1883)による『蟲類写集』に「ヤダノテツポウバハツチウメ」(矢田鉄砲場八丁目)のみで発見せられるために「ハツチウトンボ」の名を有する、との記載に因むとされる。この矢田鉄砲場八丁目の詳しい場所は現在不明とされるが、名古屋市内の矢田川付近と見られている。また一説には矢田河原八丁畷(現在の名古屋市千種区周辺)で発見されたことに由来するとの説もあるが、この説の根拠はよくわかっていない。

「ハッチョウトンボ 名前 由来」でグーグル先生に聞いたら

レファレンスデータベースのサイトの「ハッチョウトンボの和名の由来が知りたい」に

ハッチョウトンボの和名は発見された場所の地名に由来しますが、その場所については(A)矢田説(「ヤダノテツホウバハツチウメ(矢田鉄砲場八丁目)」又は「矢田河原ノ八町場」、現在の名古屋市東区大幸町附近)、(B)熱田八丁畷説(現在の名古屋市瑞穂区)、(C)岡崎説の3つの説があります。

この(C)説って、八丁味噌の八丁と同じということでしょうか
そもそも、「ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)のハッチョウの由来って何?」って思ったのは、八丁味噌の八丁と関係あるのと思ったからなのですよね。

ヌテラ on/in モチ

BSテレ東の番組「ワタシが日本に住む理由」の今年(2021年)最初の放送(1/4放送)は長野県飯田市に住み、高森町職員として働くフランス人ノエミさんの話。
昨年末からBSテレ東にチャンネルを合わすと、この番組の予告でノエミさんが大の餅好きで、「餅 with ヌテラ」で食べているらしい。
予告では実際に食べている場面は撮られていなかったのですが、当然「ヌテラ on 餅」(餅にヌテラを塗って)食べていると思いました。

家にヌテラがあるので、この本放送を見る前に私も餅にヌテラを塗って食べ、「Nutella Mochi」というタイトルで本ブログにも投稿しようと思いました。私のこのブログに投稿する際、タイトル(候補)を決めると、実際に投稿する前にそのタイトルでググって、どんな検索結果が出るか確認することが多いのです。

今回も「Nutella Mochi」で検索して見ると・・・。
おっと、「Mochi with Nutella」のレシピを紹介している外国語のサイトが多くヒットします。
単純に「Nutella on Moch」(餅にヌテラを塗る)ではなく、ヌテラ大福みたい和菓子風なものからクッキーのようなもの等、色々あるのでR。

蒲鉾から羊羹へ

ひとつ前の記事で、(わが家のあちこちでクラスター化している)購入済みの未読本群から「完璧な赤」という本を探している事を投稿しましたが、その過程で、以前購入し最近ちょっと読みたくなったものの、やはりクラスター化未読本群の中で行方不明になっていた「遅刻の誕生」が出てきました。
この本、江戸時代から明治時代にかけて、今のような(見方によっては異常な程な)パンクチャルな時間意識がいかに形成されたかについての論考を集めた本なのです。

どんな内容だったかと目次を見たら、「蒲鉾から羊羹へ − 科学的管理法導入と日本人の時間規律」と題された章がありました。
「蒲鉾から羊羹へ」って? と思い、この章を覗いて見たら、明治・大正時代に欧米式の工場管理を日本に導入しようとした伍堂卓雄が当時に日本人の工場における時間規律について、以下のように言ったことから章題を取ったようです。

日本の労働者の能率は蒲鉾型(*)である。初め終わりが全くだらだらである。然るに欧米の労働者のやり方は羊羹の切り口形(**)である。働く時は傍目を振らず働き、休むときは充分休養するのである。

(*)蒲鉾:∩ アーチ型 (**)羊羹:縦向きのコの字型

「蒲鉾から羊羹へ」って、そういう事かと納得しつつ、「蒲鉾から羊羹へ」でググると・・・

愛媛県松山市の大正13年創業の老舗「勉強堂」の名物和菓子を食べたくなりました。

A Perfect Red

いつ読み始められるか分かりませんが、読む予定になっている本をめくっていたら、巻末に参考文献として、エイミー・B・グリーンフィールド「完璧な赤」がありました。
今、この本を先に読みたくなったのですが・・・
(わが家のあちこちでクラスター化している)購入済みの未読本を探しましたが、追跡不能で見つかりません。
本の装丁に魅かれて購入したように記憶しているのですが、装丁に魅かれつつ(積読を避けるため)購入をためらったような、どちらだろう?

望むなら いつものレシピを

昨年(2020年)末から西條奈加の「お蔦さんの神楽坂日記」シリーズの3冊を順に読んでいて、今日はシリーズ2冊目の「いつもが消えた日」を読み終えました。
このシリーズ、ミステリー本ですが、お蔦さんの孫の望(「いつもが消えた日」の段階では中学3年生男子)が作る料理(謎解きには関係しません)を作ってみたくなります。

偏愛美術展2021

個人的に是非行きたい今年(2021年)の美術展です。