コンテンツへスキップ

芸術新潮2010年10月号の特集は『没後120年 今こそ読みたい ゴッホの手紙』ですが、第2特集が『チュルリョーニスを知っていますか?』。勿論、私は知りませんでした。1992年にセゾン美術館で『チュルリョーニス展』が開催され、日本でもこの芸術家とその作品について知られるようになったようですが、私は知りませんでした。

1875年にリトアニアに生まれ、1911年に35歳で亡くなるまでチュルリョーニスの一生は芸術とリトアニア捧げられました。芸術新潮の特集のタイトル『音楽と絵画、ふたつの才能に愛された芸術家 チュルリョーニスを知っていますか?』。オルガン教師の父を持ち、早くに音楽の才能を開花させ、その後絵画でも独自の表現世界を拓きました。

芸術新潮で紹介されて絵画作品を見るだけでも、その独自な幻想的・象徴的な世界には興味をひかれます。

チュルリョーニス及びリトアニアについてのリンク

海外でもチュルリョーニスの本格的な回顧展がミラノを皮切りにヴェネツィアなど主要都市を巡回するそうです。

最近、なにかと話題の3D。3Dと言えば、佐藤雅彦の『任意の点P』です。どんな本かは佐藤雅彦自身の『「任意の点 P」誕生 − 理想をリアルに見る方法−』を見ればわかりますが、そのすばらしさは、実際に見てみないとわからないのです。大きな書店の美術コーナーか美術館のミュージアムショップにならあるかも。ちなみに私は東京都写真美術館のミュージアムショップでこの本に出会いました。

今日は埼玉県立近代美術館で開催中の『植田正治写真展 −写真とボク−』の最終日。行ってきました。植田正治の写真集は何冊か持っていますが、纏まって見るのは今回が初めてかも。老若男女、多くの人が見に来ていました。海外でもUEDA-CHOと呼ばれる植田正治の写真、例えば1930年代、1940年代の写真であっても、とってもモダン。

江戸後期の絵師、『葛飾応為(かつしかおうい)』を知っていますか。

葛飾北斎の三女阿栄(おえい)、父に倣って絵をよくし、画号を『応為』といいます。商家に嫁ぐも離婚。父のもとに帰った後も再婚せずに父親の仕事を手伝っていました。一説に寄ると画号の『応為』は当時流行していた「オーイ親父どの」という俗謡の一節から取ったとか。父に似た変わり者だとか、男まさりの豪傑肌だとか伝わっていますが、巨匠の父を敬愛し、絵師としての実力も相当のものだったようです。ただ、今日『応為』作と確かめられる作品はきわめて少なく、肉筆画と本の挿絵が数点、錦絵に至っては一枚も知られてないそうです。

本やネットで紹介されている代表作は

『吉原格子先の図』や『夜桜美人図』の光と陰の描写はまるで近代絵画です。実際に見てみたい。(まだ実物を見ていないのです。)

トーハク(東京国立博物館)で『新春特別展示 博物館に初もうで 美術のなかのうさぎと国々のお祝い切手』が1月30日まで行われています。『美術のなかのうさぎ』の作品のひとつとして、雪村の『鷹山水図屛風』が展示されています。うさぎがどこにいるか、わかりますか?

National Museum
東京国立博物館本館

トーハク(東京国立博物館)に行ってきました。本館リニューアル記念の特別公開ということで、光琳の風神雷神図屛風や北斎の冨嶽三十六景等の名品が展示されています。誰もが知っているそういう有名な作品は勿論ですが、普通に展示されているひとつひとつが本当に面白い。

ハンズオン体験コーナー
ハンズオン体験コーナー「北斎の冨士を作ろう!」

浮世絵は木版多色摺りという技法を使っていて、一枚の絵を完成させるために、色ごとに何枚もの版を使って絵や色を摺り重ねていきます。

ポストカード大の4色の樹脂版を使って、「北斎の冨士」を作るハンズオン体験コーナー「北斎の冨士を作ろう!」というのを行っていました

神奈川沖波裏
樹脂版4色刷りの神奈川沖波裏を作る

博物館を訪れていた外国人も多く参加していましたが、浮世絵が多色摺りでできている事を楽しみながら理解できたのではないでしょうか?

ところで、『見当をつける』とかで使う『見当』の語源って知っていますか?


7月に国立西洋美術館で開催されている『ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展』を見にいった時に、常設展にも行きました。最近、その国立西洋美術館のサイトを訪れて知ったのですが、常設展の展示って写真撮影可なのですね。

iPhone/ iPod touch用アプリケーション“Touch the Museum”もリリースされているのですね。国立西洋美術館のニュースリリースによると

この“Touch the Museum”は、お手持ちのiPhone/iPod touch端末に事前にダウンロードしていただき、国立西洋美術館の常設展示室で実際にご利用いただくためのアプリケーションです。
いわゆる「音声ガイド」とは異なり、他の美術館に所蔵されている作品の画像や、NHKアーカイブスからの映像資料、さらに館長や研究員・建築史家による現場での解説などが収められています。指先で端末上の画像に触れることで、解説を視聴したい作品を容易にお選びいただけます。

無料のアプリなので早速、所有しているipod touchにインストールしてみると、インタフェースはルーブル美術館のiPhone/iPod touchアプリそのもの。でも本家ルーブルに比べると動作が重い感じですね。

国立西洋美術館の常設展のなかで好きな作品は

水木しげるについては、芸術新潮2010年8月号が特集(『水木しげる その美の特質』)していることを投稿しましたが、あのユリイカの9月号の特集も『水木しげる』でした。両特集とも読み始めたばっかりですが、面白い。

『ユリイカ』の『選べないけど、選んでみました』という(南伸坊、辛酸なめ子はじめ9名への)アンケートによると、

一番好きな水木作品

  • 河童の三平 4人
  • 日本の妖怪図鑑
  • 悪魔くん千年王国
  • 快感旅行
  • 古墳大秘記
  • その他(題名失念)

一番好きなキャラクター

  • 三平、河童、死神、たぬ吉
  • べとべとさん、タンコロリン、ぬっぺらぼう
  • ねずみ男
  • 一反木綿
  • 嵐勘寿郎(『地上絵の秘密』他に登場しているそうです)
  • ゲゲゲの鬼太郎
  • コケカキイキ
  • 死神
  • 出っ歯の登場人物

展覧会も開かれるようです。

  • 『水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展』 松屋銀座(8/11~8/23)  阪神百貨店梅田本店(8/25~8/31)
  • 『水木しげる・妖怪図鑑』 兵庫県立美術館(7/31~10/3)

携帯公式サイト ゲゲゲの妖怪村 も au(8/11から)、vodafone(8/1から)で配信されるようです。

何で知ったか記憶が定かでないのですが、ガリ版を使っての独特の趣がある版画作品があることを数年前に知りました。ガリ版を知っている人ならば、『あのガリ版を使ってこんな繊細な作品が』と誰もが思うようなものでしたが、誰の作品だったかは覚えていません。そもそもガリ版(謄写版)を知っている人は何歳位迄なのでしょう。昭和30年生まれの私にとってはガリ版と言えば小学生時代のテスト問題や学級通信です。

千葉県内の美術館で作品を展示していたと記憶しているので、2005年に佐倉美術館で展覧会があった福井良之助かも知れません。作品は実物でも図録でも見たことがないのですが是非見てみたい。

福井良之助のガリ版による版画のイメージは以下の『えみ丸』さんのサイトを参照下さい。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~itukamitaaoisora/Hukui.htm

藤田喬平について知りたくて、『千葉県立美術館』のホームページを見ていたら、以下の『千葉の県立博物館 デジタルミュージアム』というホームページがリンクされていました。千葉の各県立博物館のお薦めホームページのインデックスですが、各ホームページのデザイン・構成はそれなりですが、内容は結構面白いものがあります。

もともとの目的の藤田喬平の作品の情報は得られませんでしたが、千葉県には『千葉市美術館』もあって、それぞれ興味ある作品を所蔵しているので一度行ってみたいと思っています。

千葉市立美術館では6/27(日)まで『伊藤若冲 アナザーワールド』が開催されているので、この期間中に行くつもりです。