『コルティジャーネ』の謎

ヴィットーレ・カルパッチョの『二人の娼婦』を初めて知ったのは、澁澤龍彦の『幻想の肖像』。『幻想の肖像』は昭和50年に大和書房から刊行されたもので、昭和45年1月から昭和47年12月まで、「婦人公論」の巻頭の口絵の解説として書かれたものを単行本としたものです。読書録によるとこの本を1982年に読んでいます。

『幻想の肖像』でこの絵について知ってから17年後の1999年に私はこの絵に再び会うことになります。須賀敦子の『地図のない道』に所収の『ザッテレの河岸で』です。

以下、『ザッテレの河岸で』からの引用です。

コルティジャーネ。・・・・日本語でふつう《高級娼婦》というおよそ詩的でない訳語があてられる。・・・・・・この言葉が娼婦を意味するようになったのは、十六世紀のイタリアの宮廷で美と才をもてはやされた、ある特殊な種類の女性たちに由来する。

この人たちを《ただの売春婦》と区別するために、日本語ではわざわざ《高級》という形容をつけるのだが、・・・・・・・

美術館のカタログには、・・・・意外な事実が記されていた。コルティジャーネと信じられ、そう呼ばれてきたこの絵の主人公は、じつはヴェネツィアの旧家の、ごくふつうの婦人たちだというのだ。

澁澤が『二人の娼婦』として紹介したカルパッチョの絵の中の二人の女性が娼婦でないということをこの時知りました。この絵は今では『二人のヴェネツィア婦人(高級娼婦)』とか『二人の宮廷女官』とか呼ばれるようです。

この絵に関する話はこれで終わりではありません。最近読んだ福岡伸一の『世界は分けてもわからない』で、この絵とポール・ゲッティ美術館の『ラグーナでの狩猟』とがもともと一枚の絵であることを知りました。ポール・ゲッティ美術館による様々な調査により、もともと一枚のこの二つの絵の背面には蝶番の跡があり、反対部分を構成する未発見の作品と合わせ、扉絵として制作された可能性が高いようです。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/carpaccio_veneziane.html

カルパッチョ

『カルパッチョ』でググったら、Wikipediaの『カルパッチョ』
がトップに表示されました。

カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りにマヨネーズとマスタードを混ぜたソースを網の目状にかけたもの、または … 日本においてはマグロを使用したマグロのカルパッチョが和洋折衷料理(洋食の日本風アレンジ)の代表例となっているが、 …

検索したかったのは画家のカルパッチョなのですが、この検索結果トップのWikipediaの『カルパッチョ』を開いてみると、

カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りにマヨネーズとマスタードを混ぜたソースを網の目状にかけたもの、またはパルメザンチーズの薄切りとともにオリーブオイルをかけた料理である。
イタリア料理の一種で、ヴェネツィアのレストラン「ハリーズ・バー」(Harry’s Bar)が考案した。イタリアの画家、ヴィットーレ・カルパッチョの名前を冠している。この料理の肉とソースの配色と彼の作品に赤と白の色遣いが特徴的なものが多いことからの連想に由来している。

とあります。

そうなんだ、料理の『カルパッチョ』は画家の『カルパッチョ』に由来しているんだ。知りませんでした。もっとも料理の『カルパッチョ』は知っていても、画家の『カルパッチョ』を知っている人は少ないかも。

なぜ、『(画家の)カルパッチョ』を検索したかは、別の投稿で。

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

東京西洋美術館で7/3(水)~9/23(水)に『ゴーギャン展』が開催されています。

ゴーギャン展ホームページ:http://www.gauguin2009.jp/index.html

ゴーギャンの最高傑作とも言われる『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』が日本初公開されます。

世田谷美術館では『メキシコ20世紀絵画展』が開催されています。(7/4~8/30)

フリーダ・カーロ《メダリオンをつけた自画像》他70点が展示されています。

世田谷美術館のホームページ:http://www.setagayaartmuseum.or.jp/index.html

世田谷美術館は砧公園内にあり、砧公園の環境も魅力的でお薦めの美術館です。

四川リアリズム

「四川リアリズム-30年を経て-」四川美術学院現代絵画展。

7月8日の朝日新聞夕刊の美・博ピックアップに掲載されていました。飯田橋駅近くの日中友好会館で7/25(土)~8/19(水)に開催されます。張暁剛(ジャン・シャオガン)他73点の作品が展示されるようです他73点の作品が展示されるようです。

張暁剛(ジャン・シャオガン)は『胡同(フートン)のひまわり』で初めて知ったのですが、『家族の肖像画』シリーズは見る人に強烈な印象を与えます。

忘れえぬ女に逢いに

前から一度逢いたいと思っていた『忘れえぬ女(ひと)』に逢いに行きました。

イワン・クラムニスコイの『忘れえぬ女(ひと)』はトレチャコフ美術館の至宝で、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の『忘れえぬロシア(国立トレチャコフ美術館展)』の目玉作品です。開館時間が延長される金曜日の夜(5/16)に逢ってきました。原題は『見知らぬ女』ですが、誰が名づけたか、日本では『忘れえぬ女(ひと)』と呼ばれています。

芸術新潮6月号の「《忘れえぬ女》身辺調査」という記事には、『Bunkamura ザ・ミュージアムの学芸員、宮澤政男氏によれば、「昨年ドイツで開かれた開かれた展覧会にも出品されましたが、やはり大人気で、この作品の前には、いつも人だかりができていました。国籍を問わず、だれもが彼女の魅力ある表情に普遍的な美を見出すのかもしれません。”ロシアのモナリザ”と呼ばれるのも、そうした理由からだと思います」』とあります。

Bunkamura ザ・ミュージアムでは『奇想の王国 だまし絵展』(6/13-8/16)、『ベルギー幻想美術館』(9/3-10/25)と僕好みの企画展が連続し、今からとても楽しみです。

ミュージアムショップで売っていたクリアファイルを撮ったもの
ミュージアムショップで売っていたクリアファイルを撮ったもの
bunkamuraの美術書店ナディッフに寄ったらアルチンボルトの絵がしおりになっていた。4枚のしおりを並べて撮ったもの。
bunkamuraの美術書店ナディッフに寄ったらアルチンボルトの絵がしおりになっていた。4枚のしおりを並べて撮ったもの。

アヴァンギャルド・チャイナ

北京五輪を始め、何かと話題の中国ですが、美術界においても中国の現代美術が世界中か…

北京五輪を始め、何かと話題の中国ですが、美術界においても中国の現代美術が世界中から注目を集めています。とはいえ、私自身は『胡同のひまわり』という映画の劇中に使われていた絵の「張 暁剛(ジャン・シャオガン)Zhang Xiaogang, 1958-」しか知らないのですが。

以下は張 暁剛の版画のネット販売のサイト。価格は・・・
http://www.artworld.jp/Art%20World%20in%20CHINA/ZhangXiaoGang-Top.html

2008年8月20日(水)~2008年10月20日(月)に「アヴァンギャルド チャイナ」と題して国立新美術館で中国現代美術のここ20年をたどった展覧会が行われます。

http://taste.reenta.jp/event/0000000040.htmlによると「中国現代美術のここ20年間の歴史をたどりつつ、すでに評価を確立した代表的な作家から今後活躍が期待される若手まで、注目すべき作家たちに焦点をあてて、その代表作を展覧する」そうです。

見に行こう。

“アヴァンギャルド・チャイナ” の続きを読む

対決 巨匠たちの日本美術

東京国立博物館で開催(2008年7月8日-8月17日)されている特別展「対決 巨…

東京国立博物館で開催(2008年7月8日-8月17日)されている特別展「対決 巨匠たちの日本美術」が面白い。中世から近代までの日本美術史に名を刻む巨匠たちを2人ずつ組み合わせ、名品を「対決」させる形で展示しています。

“対決 巨匠たちの日本美術” の続きを読む