コンテンツへスキップ

haohaoベトナムで一番人気の即席麺だというエースコックのHao Haoが行きつけのスーパーに置いてありました。早速購入しましたがまだ食べていません。袋麺ですが、作り方は丼に入れてお湯を注ぐだけのようです。

エースコックとベトナム」で紹介されている動画が興味深いです。

地元の行きつけのスーパー(いなげや)では定期的にご当地フェアみたいなものを行います。今行われているのは「九州産品フェア」。ちょっと前には「四国・中国地方フェア」が行われていました。小さなフェアなのですが、こういうのに弱いんですよね。いつも気になるのが、地域メーカー産の麺類(乾麺、半生麺、カップ麺)とレトルトカレー。フェアが終わって売れ残って安くなってから買うことも多いのですが、今回の九州産品フェアでは、「五島手延べうどん」(五島の江口製麺製)とマルちゃんの「バリうま ごぼ天うどん」を購入(まだ食べていませんが)。

カップ麺といえば、(一部で?)噂の「Peyong やきそば」も発見。購入しました。

先日、六本木の森美術館の「フォスター+パートナーズ:都市と建築のイノベーション」を見に行った際、ミュージアムショップで見つけたのが「ゴッホ・オンデマンド -中国のアートとビジネス-」という本。

「BOOK」データベースによると、内容は

世界でもっとも複製画をつくりだす村がある---中国・深圳市大芬村。
10000人もの人びとが絵画を書き、
世界中から絵を求めて人がやってくる。
グローバリゼーションと消費社会、
さらには芸術の意味や創造の価値といった大きな問題を、
世界一の複製画の村を仔細にフィールドワークして
あきらかにしようとする新しい芸術論。

ということで、ちょっと興味を惹かれます。

水戸芸術館で開催されている「3.11以後の建築」に行ってきました。単に建物をデザインするのではなく、関係性をデザインする建築家達にフォーカスした企画でとても面白かったのですが、十分に時間が取れなかったので、関連書籍の「3.11以後の建築 社会と建築家の新しい関係」で予習(復習)して1月にもう一度水戸に行こうと思っているのです。

Woman in Gold(邦題:黄金のアデーレ 名画の帰還)のエンドタイトルの最後の方に「Stealing Klimtにinspireされた」とあります。ネットで検索。「Stealing Klimt」というドキュメンタリーがあるのですね。面白そう。

昨日、渋谷Bunkamura地下のNADiff modernに立ち寄ったついでに、Bunkamura ザ・ミュージアムのチラシ置き場を覗いたら、大塚国際美術館のチラシがあり、イベント「悪の美術(副題:アートもちょっとワルが魅力的)」が載っていました。
10/1〜2016/3/31の企画のようで、チラシからウォーターハウス「海に毒を流すキルケ」とフュースリ「夢魔」が展示されているのはわかるのですが。他にどんな作品が展示されているのでしょうか。
大塚国際だからこそ実現できる企画で、so interestingですが、流石に鳴門までは行けません。

電車の中で本を読んでいる人がいるとどんな本なのかと書名を確認したくなります。図書館で借りた本を読まれている方も結構います。先日見かけた方は「キュリー夫人」でした。図書館といえば、「小さな出版社の面白い本」というムックに美しすぎる地方図書館4館が紹介されていました。