コンテンツへスキップ

GMATへの小さな旅という投稿で群馬県立館林美術館で購入したミュージアムグッズの木彫りの動物をアルマジロと思い込んでいましたが、ちょっと違うかもと思い、「アルマジロ」で画像を検索すると全然ちがう。ではなぁに、「ヤマアラシ」、「アライグマ」・・・、違う。ハリネズミでした。
「ハリネズミ」であれこれ検索していたら、「リオ市街でハリネズミが主婦の頭に落下! 272針刺さる」という記事がありました。
被害にあったサンドラさんは、かなり痛かったようですが、

「私は幸せですよ。彼の命を助けたんだから。だってハリネズミは私の頭をクッションにしたから死なずに済んだでしょ」

と言ったとか。
ですが、落ちたのはハリネズミではなく、ヤマアラシのようです。(「女性の頭に大量のトゲ」 落下したのはハリネズミ?

ところで、Wikipediaの「ヤマアラシ」では、哲学用語の「ヤマアラシのジレンマ」に言及しており、

「ヤマアラシのジレンマ」(Hedgehog's dilemma、原義は「ハリネズミのジレンマ」)とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。寒空にいるヤマアラシが互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話に由来する。

とあり、こちらはヤマアラシではなくハリネズミが正しいのかと思ったら、Hatena Keywordの「ハリネズミのジレンマ」によると

ショーペンハウエルの随想録(Parerga und Paralipomena, 1851)におさめられた有名な寓話は「ヤマアラシのジレンマ」。
ヤマアラシがハリネズミにされたのは、「新世紀エヴァンゲリオン」第四話のサブタイトルHedgehog's Dilemma の影響とされている。英語ではヤマアラシがporcupine、ハリネズミがhedgehogである。

個人的な事情で今はちょっと海外旅行には行けませんが、最後に海外に行ったのは2009年のロンドン。

新宿方面から湘南新宿ラインに乗って池袋駅に近づくと左手にネオン輝くホテルマリオンが見えます。以前は少し駅から離れたところにある煉瓦色のホテルロンドンも見え、もう一度ロンドンへ行きたいといつも思っていましたが、いつしか見えなくなりました。
なくなってしまったのかなと思ったら、Hotel Lindenになっていました。湘南新宿ラインからは王子駅付近でもいかにもそれらしい外装のホテルロンドンが見えました。たまたま同じ名前なのかなと思っていたのですが、しばらくしたら、こちらもファッショナブルなHotel Lindenになっていました。同じ系列だったのですね。

Hotel Lindenで検索すると湯島にもあるのですね。

1

ミュージアムグッズ1

昨日行った群馬県立館林美術館は今回が2回目の訪館。前回同様、電車&徒歩で美術館に向かいます。

電車で窓外を眺めていると、下り方面に向かう程、太陽光パネルを屋根に乗せた家や土地に太陽光パネル直接設置しているのが目立ちます。

東武伊勢崎線多々良からはgoogle mapの経路案内の助けにより、徒歩で美術館に向かいます。google mapの経路案内で美術館を目的地に指定すると「今日は休館日かも」と親切に知らせてくれます。昨日は月曜日で通常は休館日ですが祝日なので開館しています。画像はミュージムグッズとして購入したもの。

  • ゴッホの「夜のカフェ」をデザインした眼鏡ケース
  • 芯が多色になっている色鉛筆。群馬県立館林美術館所有のポンポンの熊の彫刻のデザインです。鉛筆削りも購入
  • 画像の左下のものはEvolutionと名付けられた消しゴム。ちょっとわかりにくいですが、消しゴムの一方の断面は生物学の教科書の進化の絵でよく出てくるサルになっています
  • 木彫りのミュジーアムグッズはハリネズミを選択
EV¥volution消しゴム

この図はEvolution消しゴムのもう一方の断面。こちらは進化したヒトをデザイン。消しゴムのサルの方から使って行くとヒトになっていきます。

美術館からの帰りは午後2時過ぎだったので、前回訪問時に見つけて気になった「石臼挽き自家製粉・手打 玄蕎麦 ことぶき」という蕎麦屋さんで天せいろを食しました。美味しかった。

クレヨンしんちゃん

帰りの東部伊勢崎線の花崎駅では「TOKUHARA BATON」という揃いのジャージを着た女子高生が電車に乗って着ました。

「そうなんだ、花咲徳栄(はなさきとくはる)高校って、ここにあって、校名の花咲は花崎に由来するんだ(多分)」

最後の画像は久喜駅でJR宇都宮線に乗り換えた際、隣の東武線側にいた「クレヨンしんちゃん」です。

初めてのフレンチトースト
初めてのフレンチトースト

NHK出版から「注文の商品を出荷しました」のメールを受け取りました。「きょうの料理ビギナーズで紹介されたグッズを注文したのだと思いますが、何を注文したのか思い出せません。昨日届いたのを見たら、フレンチトーストが簡単にできるというフレンチトースト専用バットでした。食パン1枚ぴったり入るサイズで、トースターや魚焼きグリルでそのまま加熱できます。

ということで、今日の朝食はフレンチトースト。

フレンチバット
フレンチバット

レシピは

  1. 卵1個、牛乳50ml 、砂糖小さじ2をボウルに入れてよく混ぜ合わせます
  2. 購入したバットにバターを薄く塗り、1を入れます
  3. 2.に食パンを浸し、約1時間経ったら裏返し、冷蔵庫で約2時間、もしくは一晩寝かせます
  4. 冷蔵庫から取り出して魚焼きグリルもしくはトースターに入れ、弱火で焼き色がつくまでじっくり加熱します(5〜10分程度)
  5. 焼き色がついたら裏返して再び焼き色がつくまで加熱します

my home
my home

iPhoneでWebサイトを閲覧し、気になったサイトがあったら、とりあえず「ホーム画面を追加」・・・を行っていたら、先日異常事態発生。なんとアイコンがホーム画面1ページ目の最初のアイコン(私の場合「設定」のアイコンです)の下に重なるように作成されてしまいました。左の画像の下の方の◯の数を数えると15あります。図のように各ホーム画面で20個のアイコンが置けますから合計300個、これを超えたら「いかんぜよ」なのではないかと思います(多分)。不要なアイコンを削除したら、「設定」アイコンの下にあったアイコンが(無事に)そこに移動してくれました。

 

我が家の常連のお客様のヒヨドリ様一羽が庭のヤツデに長くいるのを発見。ヤツデの実も食べるのですね。初めて見ました。我が家のヤツデは道路に近いオープンな場所にあるので、人が近づくと逃げてしまうのですよね。ということで画像なしです。

昨年(2014年)の秋に京都博物館で鳥獣戯画展を見た後に、錦小路に行ったのですが、残念ながら目的とした包丁の有次は営業時間が終了していました。有次の包丁は東京では日本橋高島屋でのみ売られています。今日、日本橋高島屋に行く用事があったので、有次の売り場にも立ち寄りました。

私:品定めをした後、「18センチの三徳を下さい」
店員さん:「鋼だけでできているものと、ステンレスで鋼を挟んだものがありますが」
私:躊躇なく「こちら(鋼だけの方)を下さい」
店員さん:「(奥さんの)ご指示があったのですね」

小心者ゆえ 奥さんがいない と 言えませんでした。

今日は宇都宮に最中を買いに行きました。この最中、駅の近辺のお土産さんのようなお店でも売っているようなのですが、この最中を作っているお店(たまき)まで行きました。

途中、バスに乗っていたら「二荒山神社前」という停車場がありました。「あれ、『ふたらさん』ではなく『ふたあらさん』て言っているよ・・・」。家に帰ってWikiさんに尋ねたら、どうも『ふたあらさん』ではなく『ふたあらやま』って言っていたようです。(Wiki「うつのみやふたあらやまじんじゃ」

こういう、どうでもいいような発見が楽しいのです。

今回の宇都宮行、宇都宮美術館で開催されている「ビアズリーと日本」展(~2016年1月31日(日))にも行ってきました。