冷たい・だと人は言うけれど

手を握ると大体、相手の手を暖かく感じる。あるいは、手を握ったら、「手、冷たいね」と言われる。
自分の手が冷たい方だと気づいたのは、いつだろう。

寄る年波、最近手足の冷えがこたえる。
あまり使っていませんでしたが、以前ネット購入した「新光堂 純銅製ミニ湯たんぽ」の出番かな。

白菜と大根の日々

1週間前位に近所の方に大根と大きな白菜を戴きました。という事で白菜の日々です(まだ大根に達していません)。
この記事、カテゴリーが「たまにはART」でもあるのは、あの有名な陶芸家の「キャベツの日々」を真似したタイトルにしたからなのです。

・・・か で読む フィンチの嘴 − 抵抗運動

1994年出版され、1995年ピュリッツァー賞を受賞したジョナサン・ワイナリー「フィンチの嘴」(の日本訳本)を読んでいます。20章からなるこの本の18章「抵抗運動」を今読んだところです。

「抵抗運動」では、農産物に対する害虫が殺虫剤に対して、耐性をもつ変異体(遺伝子変化)として進化し、殺虫剤の有効性がすぐに低下してしまうと言う多くの実例が紹介されています。
ウィルスとワクチンとウィルスの変異についても同様でしょう。
「・・・か」(か:下 or 禍)の今、「フィンチの嘴 − 抵抗運動」は示唆に富む内容です。

は?

ブレイディみかこの「ブロークン・ブリテンに聞け」を読み始めたら、「はじめに」の最後に

その日々の断片をスクラップしたようなこの時事エッセイ集を、願わくはあなたも飽きずに読み進めてくださることを祈りつつ、・・・(以下省略))・・・

とある。

は?
自分は「願わくば」と言って(「願わくば」を実際に使ったことはないかもしれませんが)きました。
ふ〜ん。「多分、『願わくは』が正しいんだろうな」と思いつつ、「願わくば 願わくは」でグーグル先生に聞いてみました。「毎日ことば」というサイトにわかりやすい説明がありました。

明鏡国語辞典2版では「動詞『願う』のク語法『願わく』に助詞『は』の付いた語。慣用で『願わくば』ともいうが、本来は誤り」

明鏡の説明に出た「ク語法」とは、動詞の「活用語の語尾に『く』がついて全体が名詞化される」ものです(日本国語大辞典2版)。例としては「惜しむらく」「恐らく」のようなものが挙げられます。「惜しむらくは」「恐らくは」とは言っても、「惜しむらくば」「恐らくば」などとは言いません。「願わくば」はだいぶ旗色が悪いようです。

「願わくば」と誤用するのは江戸時代からあったそうで、その理由についても解説されています。
参考:毎日ことば:「願わくば」が浸透、「願わくは」を上回る

図書館のお題3題 その1

今日は久しぶりに下高井戸シネマで映画観賞ですが、
やってもうた。

12時開始の映画を見る為、京王線11:33新宿発普通電車に乗り、下高井戸着11:43、映画館には11:45着の筈でした。
明大前(下高井戸)を通過したら、「次は千歳烏山」の車内アナウンスが(下高井戸は明大前の次の駅です)。そう言えば、11:32新宿発に乗ったよね。
どうやら準特急だったようです。千歳烏山に着いたら、ちょうど上りの新宿行き準特急が来たので明大前で戻り、下りプラットホームに行き、電光掲示板を見たら、11:54発特急、11:56発準特急です。その次の普通に乗れば、見る予定の映画上映前の予告編の頃に入館できるかも・・・。
11:54発特急が発車した後の電光掲示板は、11:56発準特急、12:00発準特急。もうダメだ。
もうダメだと思ったのですが、11:56発の電車の次の停車駅は下高井戸とアナウンスが流れました。今、この記事を書く為に調べたら、11:56発は橋本行き快速で快速は下高井戸にも停車するようです。
慌てて、この電車に乗り、無事映画を見ることができました。

そうそう、この記事の主題は以上の「やってもうた」の顛末ではなく、「見た映画『パブリック 図書館の奇跡』が面白かった」でした。こんな内容の映画だったのね(どんな映画かも全然知らずにタイトルだけで見ることにした映画なのです)。

それと、ちょっとビックリしたのは、『パブリック 図書館の奇跡』が終わって、劇場ホールから出たら、次の上映を待っている人がすごく大勢いたこと。次の映画は「三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実」。

アレクサ 冷凍食品の日って何?

前から実店舗に行って購買したいと思っている「ピカール」、今日サイトを覗いてみたら、

10月18日は「冷凍食品の日」
ピカール史上初!投票で人気ランキングを決定
ファン1,404名が選んだ”ピカール人気商品総選挙”結果発表

「アレクサ 冷凍食品の日って何?」と聞いたら、「こんな説明が見つかりました。・・・かくかくしかじか・・・」と何故、10月18日が冷凍食品の日なのか教えてくれました。

「ねえグーグル 冷凍食品の日って何?」と聞いたら、「Wikipediaによると、・・・かくかくしかじか・・・」と答えてくれました。

アレクサもWikipediaを参照しているのかも。Siriにも聞いたら「・・・かくかくしかじか・・・ Wikipedia」と表示されました。

おっと。今日10月18日は63歳で亡くなった父の命日でありました。すっかり忘れていました。おっとっと、命日ではなく誕生日でした。

のっぺいうどん & 上田秋成 (その1)

週中(しゅうなか)1泊旅行(2020/1o/14(水)〜15(木))の2日目(15日)のプランではお昼(ランチ)は南禅寺近くの一休亭の「のっぺいうどん」です。そもそも「のっぺいうどん」の存在を知ったのは朝日新聞夕刊の連載「いいね!探訪記」の2020年10月3日の南禅寺周辺の紹介記事((いいね!探訪記)アーチで交わる、文化の流れ 南禅寺・水路閣)なのです。

7月にやはり週中1泊旅行で京都を訪れた際、平安神宮・京セラ美術館・京都市動物園のある京都府左京区岡崎のエリアを訪れた際平安神宮へ行く途中で見つけた「お福」で食べた「お福うどん」が大変美味しく、次に京都へきた時も関西風のうどん・そばを食べたいと思っていたのです。

7月の京都行で南禅寺は岡崎のエリアから歩いて行けることを知ったので、今回は午前から午後にかけての岡崎周辺行で昼食は一休亭に行くプランとしました。

埼玉県人の私にとっては初めての「のっぺいうどん」で、大変美味しかったですが、「のっぺいうどん」がある地域でも「のっぺいうどん」の内容にはバリエーションがあるようですね。