コンテンツへスキップ

[caption id="attachment_4781" align="alignleft" width="400" caption="国立競技場から新宿副都心のビルを望む"]国立競技場から新宿副都心のビルを望む[/caption]

この画像は昨年の末に国立競技場で開催された天皇杯準決勝 横浜マリノス vs 柏レイソル戦で撮ったものです。 ... 続きを読む

録画しておいた「食彩の王国」を見たら、今回の食彩はオリーブオイル。京都の山中油店が紹介されていました。江戸後期の文政年間(1818-1829)の創業だそうです。そもそも油屋という存在自体を知らなかったのですが、「食彩の王国」によると古都京都でも今は2店だけだそうです。昔ながらの建物の風情も含め行ってみたいでね。 ... 続きを読む

一つ前の投稿のタイトルは椎名誠の著書『インドでわしも考えた』にかけています。椎名誠の著書は全然読んでいませんが、出版当時、このタイトルはちょっと気になりました。 ... 続きを読む

2/19の投稿で鶯谷の南口駅舎について書きましたが、駅舎は地形的にちょっと高い所あるような感じですが、『鶯谷』という地名から考えるとちょっとした起伏があるのでしょうか? ... 続きを読む

建設された当時(1989年竣工)は金色のXXXに見えるオブジェで話題になったアサヒビール吾妻橋ホール。隅田川を挟んで浅草の対岸にあるこの建物を見た事がある人は多いと思いますが、今再び注目を浴びているようです。吾妻橋の上から東京スカイツリーを望むと、墨田区役所、アサヒビール吾妻橋ビル、アサヒビール吾妻橋ホールと併せて画像に納めることができるので、人気の撮影スポットとなっているからです。私がこの建物を見るのは電車からですが、いつも金色のXXXに目がいってしまい、隣のアサヒビール吾妻橋ビル(アサヒビール本社ビル)がジョッキにそそがれたビールをイメージしている事に気付きませんでした。このビルの22階にある展望レストラン「ラ・ラナリーナ」も東京スカイツリーがよく見えるということで大人気だそうです。 ... 続きを読む

最近、富士山麓の御殿場市に行く機会があり、1月末に日暮里富士見坂から見える見事なダイアモンド富士(富士山の山頂付近に夕日が沈むのをこう呼ぶそうです)が新聞記事やTVのニュースで話題になっているのを思い出しました。富士見坂と命名されている東京都心の坂で今も富士山が見えるのはこの日暮里の富士見坂だけになってしまったそうです。40年以上前に私が卒業した地元上尾市の富士見小学校からは今も富士山は見えるのでしょうか、校舎屋上からは見えるでしょうが、校庭からは見えるのかな? ... 続きを読む

今読んでいる『ポストモダン建築巡礼』という本が面白い。と言うか、自分が興味があって買った本だから面白いのですが。この本、一世を風靡したポストモダン建築を《巡礼》した本ですが、奇抜な建築が少なくない中で特に面白いと思ったのが、熊本県球磨郡球磨村にある『球泉洞森林館』。ポストモダン建築隆盛時にはポストモダン建築の本も結構読みましたが『球泉洞森林館』については知りませんでした。1984年に建てられた時は林業の資料館だったそうですが、なぜか今はエジソンに関する資料展示がメインだそうです。ちなみに球泉洞は大鍾乳洞です。 ... 続きを読む

2

タイトルの「ホワッツ、四半的!?」はANAの機内誌「翼の王国」11月号に載っている宮崎県日南市飫肥(おび)の四半的に関する記事からのパクリです。四半的、もちろん知りませんでした。 ... 続きを読む