逆引きH.P. 取らぬフクロウの羽根算用

ハリー・ポッターの邦訳本、訳者は松岡祐子さんですが、「原文はどんな表現なんだろう?」と気になる箇所が所々にあり、Harry Potter本に当って見るのが楽しい。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の第4章「ホラス・スラグホーン」を読んでいたら、新学年で受講する授業について、ハリーとダンブルドアの間で以下のようなやりとりがありました。

「それじゃ、これからはスネイプ先生とあまりお会いしなくなりますね」ハリーが言った。
「だって、O・W・Lテストで『優』を取らないと、あの先生は『魔法薬』を続けさせてくれないですし、僕はそんな成績は取れていないことがわかっています」
「取らぬふくろうの羽根算用はせぬことじゃ」
ダンブルドアは重々しく言った

「取らぬふくろうの羽根算用」の部分は「取らぬ狸の皮算用」のバリエーションでしょうが、貧弱な英語力ゆえ、対応する英語の諺がわかりません。と言うことで「取らぬ狸の皮算用 英語」でグーグル先生に教えを乞うと、「Don’t count your chickens before they are hatched.」との事。

Harry Potter原作でのこの部分のvariationを確認してみると、

‘Don’t count your owls before they are delivered,’ said Dumbledore gravely.

でした。ハリーポッターの魔法界では通信に伝書鳩ならぬ伝書梟が使われていますからね。