コンテンツへスキップ

ここのところ持病の腰痛が悪化。行きたい美術展は多くあれど、美術展は、しばしパスということで、1991年から数年の間に国書刊行会から刊行された「日本幻想文学集成」で未読のものを読み始めました。まずは、石川淳、次に森鷗外、今は夏目漱石を読んでいます。「日本幻想文学集成」ということで、鷗外にしろ、漱石にしろ、取り上げられている作品はいわゆる代表作ではありませんし、鷗外については、全然興味もなく、その作品も読んだこともなかったのですが、今回、鷗外の作品を初めて読んで、鷗外に凄く興味がわいています。