コンテンツへスキップ

慶長18年(1613年)に仙台藩主伊達政宗が家臣支倉常長と宣教師ルイス・ソテロを大使として、メキシコ、スペイン、ローマへ慶長遣欧使節を派遣してから今年は400年ということで、仙台市博物館で『伊達政宗の夢—慶長遣欧使節と南蛮文化』が開催(10/4〜11/17)されています。行きたいですが・・・。

10/10の投稿で東京ステーションギャラリーで『生誕100年!植田正治のつくりかた』が開催されている事を書きましたが、今年は植田正治の生誕100年ということで、この展覧会を含め、この秋3つの展覧会があるのですね。

  • 植田正治写真美術館 植田正治生誕100年企画展 子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー 10/5(土)〜11/30(土)
  • 東京ステーションギャラリー 生誕100年!植田正治のつくりかた 10/12(土)〜2014/1/5(日)
  • 東京都写真美術館 植田正治とジャック・アンリ・ラルティーク —写真であそぶ— 11/23(土)〜2014/1/26(日)

鳥取の植田正治写真美術館には行けそうにないですが、他の2つの展覧会には行きたいですね。