コンテンツへスキップ

2007年の何月からかは忘れましたが、毎月買って料理作りの参考にしてきた「きょうの料理 ビギナーズ」。どんどん雑誌がたまっていくので2013年3月号をもって購入するのは最後と決めました。それにしても、いつまでたっても「 きょうも料理 ビギナーズ」状態なのですよね。

2012年度の本屋大賞にノミネートされる前に買ったもののまだ読んでいなかった三浦しをんの「船を編む」。映画化され、4/13(土)から公開されるようなので、その前に読んでおこうと、昨日から読み始めました。読み始めたばかりですが、この原作なら映画も絶対面白いですね。まだ映画も見てないのに言うのは何ですが、本を読んでない人、本を読まない人にもお薦めです。

バルサのホームゲームをTVで見ていると、(と書き出しましたが実は最近は海外サッカーをあまり見ていないのですが)観客席では黄色地に赤い四本の横線の旗が振られています。バルサファンならご存知でしょうが、これはカタルーニャ国旗です。さらによく見ると旗の一方の端が青色の三角で、三角の中が星型の白抜きになっているのが交じっているのを発見するかも知れません。
平凡社新書の「カタルーニャを知る事典」によると、これは「星付き国旗」(estelada)と呼ばれ、(カタルーニャの独立を目指す)カタルーニャ独立派のもので、スペインから独立したキューバの国旗から取ったと言われています。三角の部分が黄色地のものは社会党系の独立旗だそうです。

「カタルーニャを知る事典」には「黄色に赤の四本の横線」の由来に関しても、中世に起源を持つ伝説が紹介されています。

バルセロナ伯ギフレー「毛むくじゃら伯」が戦闘で負傷し床に臥せっている折に見舞いにきたフランク王が伯の活躍に報いる為の褒美をやろう、何が望みか、と尋ねると、ギフレーが傍らの黄色い無地の盾を指差し、ここに何か紋章を頂きたいと、言った。王は黙ってギフレーの傷口から流れた血に四本指を浸し、盾に向かって一気に四本の線を引いた。