コンテンツへスキップ

昨日、「川の底からこんにちわ」を見に「目黒シネマ」に初めて行きました。「目黒シネマ」は「港町キネマ通り」というサイトによると

『目黒シネマ』は当初目黒金龍座→ライオン座→目黒大蔵と名前を変えて現在の二本立て興行の名画座として1975年再スタートを切った。

とあり、目黒金龍座は1955年開業のようです。大学時代「目蒲線」を利用していましたが全然知りませんでした。(自分に取って目黒は乗換駅に過ぎませんでした)

入場料は2本立てで一般1500円ですが、「川の底からこんにちわ」は最後の上映の1本だけ見たので、ラスト1本割引で900円でした。ちょっと驚いたのは、若い女性の観客が多かった事。(自分もそうですが、よく行く「下高井戸シネマ」は高齢者が多いです。)「港町キネマ通り」にも

リピーターが多く年齢は学生を中心とした二十代が大半を占めている

と書かれています。(「港町キネマ通り」というサイトも今回知りました。)

3月12日(土)〜3月25日(金)には『マザーウォーター』(公式サイトFLASH版公式サイトHTML版)が上映されるようなので、多分ラスト1本割で見に行きます。