コンテンツへスキップ

Kewood Houseへ向かう
Kenwood Houseの敷地への入り口、Kenwood Houseへ向かう。鳥の声が伝えられないのが残念

今日は日曜日なので、人が集まりそうなロンドン中心部は避けて、まずKenwood Houseに行くことにしました。
持参した旅行ガイドにはMetroのHigate駅から徒歩15分と書いてあるのですが、これが全くの間違いで、駅からそれらしい方向へ歩いても見つからないので、駅に戻って案内図を見ていたら、駅のスタッフらしき方が声を掛けてくれました。「1hour by walk from here」との事。隣駅のArchwayから210番のバスで行くのが良いと教えてもらいました。
慣れてない土地でバスに乗るのはちょっと大変ですが、Oystar Cardがバスでも使えます。210番のバスはロンドン名物の2階建てバスでした。
... "Kenwood House" を続けて読む

IKEAのOYSTER CARDのカバー
IKEAのOYSTER CARDのカバー

日本のPASMOに相当するOYSTER CARDを購入。

駅の窓口で買ったら、IKEAのカバーに入れて渡されました。IKEAは英国でも人気なのでしょうか? カバーはシンプルだけどクールなデザインです。

OYSTER CARDの料金設定は観光客にとっても嬉しい。

以下、WikiPediaからの抜粋ですが、

地下鉄などの切符を現金で買うよりも、割安料金が適用され、自動的に一番安い料金を選んでくれる優れもの。例えば、ロンドンの地下鉄のゾーン1の切符を現金で買うと4ポンドだが、オイスター・カードだと、1.60ポンド。 また、1日の利用運賃の合計が一定金額を越えた場合、それ以上は課金されないようになっている。

旅行ガイドによると、例えば、メトロのゾーン1のオフピーク時の利用なら、4.80ポンドで1日乗り放題とのこと。