コンテンツへスキップ

6/14はDBAでフランクフルトからベルリンへ移動。フランクフルト国際空港8:20発、ベルリン テーヘル空港9:35着。DBAは今はなき格安航空会社で往復で180Euro弱、DBAは今はAir Berlinに吸収されているようです(この記事は2010/10/11に書いています)。ベルリンでは2泊しますが、14日はベルリン テーヘル空港到着後、タクシーでZoologischer Garten(動物公園)駅へ行き、コインロッカーに荷物を預け、ドイツ国鉄でLeipzig(ライプツィヒ)へ向かいました。ライプツィヒでのスペイン vs ウクライナを観戦するためです。今回のワールドカップで旧東ドイツ地域の会場はこのライプツィヒのみです。
ライプツィヒは1409年に大学が創立された学問の街で、ゲーテ、ニーチェ、森鴎外もこの町で学んだそうです。ライプツィヒの聖トーマス教会はバッハが1723年から亡くなる1750年までの28年間、付属学校の教師として教会内の音楽を取り仕切ったところで、ライプツィヒはメンデルスゾーンも住んでいた音楽の街でもあります。
この日はとても暑い日で注意散漫になったようで、スタジアムに向かう途中で観光ガイドをなくしてしまいました。見所満載の街のようですが、残念ながら今回はサッカー観戦のみでした。

6/13は午前中はシュテーデル美術館へ。目的はフェルメールの地理学者でしたが、さすがドイツ、ベックマン、ルーカス・クラナッハ、デューラー、キルヒナー、ハンス・バルドゥング・グリーン等の名品が目白押し
午後は15時からのフランクフルトヴァルトシュタディオンでの韓国 vs トーゴを観戦しました。

11日の午後にフランクフルトのホテルに移動して、フランクフルトで3泊しました。

12日は15時キックオフのカイザースラウテルンでの日本vsオーストラリアを観戦する為、フランクフルトから特急でカイザースラウテルンへ。昼前にカイザースラウテルンに到着する電車に乗ったのに、通路も立っている人でいっぱいの状態。ドイツの電車は指定席を取っていても、その席の車両がホームのどの辺に止まるかよく分かりません。この日は超満員状態だったので、最初に乗った車両から自分の指定席まで移動できなかった人も少なくないのでは。因みに私は自由席のチケットを持っていましたが、ずっと立ちっぱなしでした。

6月なのでまだ夏とは言えないかもしれませんが、2006年6月のドイツは暑かった。その時撮った写真を今見るとどこの写真か何の写真かよくわからないのもあります。記憶をたどってみます。

フランクフルト空港に着いた10日はフランクフルトのヴァルト・シュタディオンでイングランドの試合があった関係でフランクフルトの宿がとれず、フランクフルトから鉄道で30分程のマインツのホテル(advena Europa Hotel Mainz)に泊まりました。シングル1泊で115Euro、ワールドカップの期間中なのでちょっと高めですね。シングルの料金はツインの料金とそんなに変わらないので、海外旅行はふたりで行くのがいいですね。このホテルは1泊のみですが、12日の日本vsオーストラリアを観戦する日本からのツアーの方も宿泊していました。11日はマインツを散策。午後はマインツからフランクフルトのホテルに移動しました。