コンテンツへスキップ

ウィーン滞在5日目の27日分離派会館を再訪した後、以下の世紀末建築を巡りました。...

ウィーン滞在5日目の27日分離派会館を再訪した後、以下の世紀末建築を巡りました。
 エンゲル薬局 オスカー・ラスケ設計      1902年
 アンカー時計  フランツ・フォン・マッチュ設計 1911-1917年
 マンツ書店   アドルフ・ロース設計       1912年
 ロースハウス  アドルフ・ロース設計      1909-1911年

IMG_0419.JPG
エンゲル薬局。オスカー・ラスケ設計、1902年。
16世紀創業の現存するウィーン最古の薬局を1902年にユーゲント・シュティール様式に改装したもの。正面左右にモザイク画の天使が大胆に配置されています。天使が捧げるのは薬杯で、よく見ると手に蛇(医学の神アスクレビオスに由来する薬学のシンボル)が巻きついています。

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その4 " を続けて読む

ウィーン滞在四日目の27日はまず分離派会館を再訪しました。 分離派会館側面全体 ...

ウィーン滞在四日目の27日はまず分離派会館を再訪しました。

IMG_0406.JPG
分離派会館側面全体
 

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その3 分離派会館再訪" を続けて読む

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906...

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906年(第1期)、1910年から1912年(第2期)に建てられたのこと。実用的でかつ芸術的、今から100年程前に立てられたとは信じられない。当時の人にとってはどんなにモダンだったことか。

IMG_0370.JPG
郵便貯金局のファサード(前面)。手前の芝生の所には白い花と葉を刈ってサッカーボール型にしてありました。

... "ウィーンの世紀末建築めぐり その2 郵便貯金局" を続けて読む

お気に入りのこの絵も美術史美術館にありました。 ルーカス・クラナッハ「ユーディッ...

お気に入りのこの絵も美術史美術館にありました。

IMG_0350_RS.JPG
ルーカス・クラナッハ「ユーディット」

IMG_0352.JPG
パルミジャニーノ「凸面鏡の自画像」

... "美術史美術館 この絵もここに" を続けて読む

滞在したホテルの部屋番号は20(zwanzich:ツヴァンツィヒ)。今回のウィー...

滞在したホテルの部屋番号は20(zwanzich:ツヴァンツィヒ)。今回のウィーン滞在中、話したドイツ語は部屋の鍵を受け取る為に話すzwanzich:ツヴァンツィヒのみ。たまにはDanke(ありがとう)もあったかも。

IMG_0337.JPG
ベッド周りです。

... "滞在したホテルは" を続けて読む

滞在二日目は一日世紀末建築を巡る予定でしたが午前に見つけたナッシュマルクトの市場...

滞在二日目は一日世紀末建築を巡る予定でしたが午前に見つけたナッシュマルクトの市場にスイカ・トマト・WASABIを買いに再び行ったので、予定を変更して昼食後はMQ(ミュージアム・クォーター)にあるレオポルト・ミュージアムへ行きました。
レオポルト・ミュージアムはエゴン・シーレの作品が沢山あります。

MQ(ミュージアム・クォーター)は美術館群・カフェ・レストラン等からなる総合施設。かつての王宮厩舎を改築したバロック様式の建物の中に近代様式の美術館群が集まっています。滞在したホテルはこのMQのひとつ裏のブロックにあります。
ホテルの最寄駅もMuseumsquartierという名です。

IMG_0381.JPG

MQのようす。ホテルの近くなのに結局行ったのはレオポルト・ミュージアムのみ、ちょっと残念です。写真の後ろの方の黒っぽい建物は近代美術館です。

... "MQ" を続けて読む

メッサーシュミットという彫刻家のことを知ったのは数ヶ月前に池内紀の『モーツァルト...

メッサーシュミットという彫刻家のことを知ったのは数ヶ月前に池内紀の『モーツァルトの息子-史実に埋もれた愛すべき人びと-』を読んでからです。
著者は「読書の裏通りで出くわした人々で・・・ものものしい伝記を捧げられるタイプではなく,その種の伝記にチラリと姿を見せ,すぐまた消える。ただ,なぜか,その消え方が印象深い,そんな人たち」30人を集めたと書いています。

その中の一人がフランツ=クサヴァー・メッサーシュミットで、18世紀、革命前夜、ウィーンの華やかなりし頃の宮廷に仕えていたとは思えない奇妙な顔を彫り続けた人です。この奇妙な顔シリーズがどこの美術館にあるかは知らなかったのですが、今回訪れたベルヴェデーレ上宮にかなりの数の作品があったのです。
思わぬ遭遇にちょっとびっくり。

メッサーシュミットを知っている人は少ないと思いますが、知らない人でも、ベルヴェデーレ上宮に行った人はあの彫刻だとわかると思います。

... "彫刻家 メッサーシュミット in ベルヴェデーレ上宮" を続けて読む

オレンジ色といえば、独逸で道路などの清掃をする人達の制服の色はオレンジ色でしたが...

オレンジ色といえば、独逸で道路などの清掃をする人達の制服の色はオレンジ色でしたが、ウィーンでもオレンジ色です。

では郵便ポストの色は?
こんな面白いサイトがあります。
http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/post.html

... "オレンジ色" を続けて読む

Euro2008 準決勝のスペイン vs ロシアを観戦しました。 選手入場前のパ...

Euro2008 準決勝のスペイン vs ロシアを観戦しました。

IMG_0399_S.JPG
選手入場前のパフォーマンス。

チケットはカテゴリー3(ゴール裏)で独逸W杯の時に知り合った方が友人から譲って貰ったものです。

... "スペイン vs ロシア" を続けて読む

Euroコインの表側はEuro圏共通デザインですが、裏側は各国独自だということは...

Euroコインの表側はEuro圏共通デザインですが、裏側は各国独自だということはよく知られていますが、オーストリアのEuroコインの裏側は以下だそうです。

2ユーロ:ベルタ・フォン・ズットナー(ノーベル平和賞受賞者)
1ユーロ:モーツァルト
50セント:ウィーン分離派会館
20セント:ベルヴェデーレ宮殿
10セント:シュテファン寺院
5セント:サクラソウ(アルプスの花)
2セント:エーデルワイス(アルプスの花)
1セント:リンドウ(アルプスの花)