コンテンツへスキップ

エミーリエ・フレーゲの肖像

今、東京ではクリムトに関連する美術展が3つ開催されていますが、今日、地元の行きつけの書店に立ち寄ったら、朝日新聞出版の「クリムトへの招待」がありました。この本の中の「エミーリエ・フレーゲの肖像」に関する解説の「こんな作品」では

  • 生涯のパートナーだった28歳のエミーリエを描いた
  • 肝心のエミーリエはこの絵を気に入らなかった
  • 完成6年後にエミーリエが競売にかけて売った

とあり、この作品を

競り落としたウィーン市立歴史博物館(現ウィーンミュージアム)は、その年の州の芸術品購入予算を全額つぎ込んだといわれています

とありますが、この「エミーリエ・フレーゲの肖像」って、1989年に池袋のセゾン美術館で開催された「ウィーン世紀末 クリムト、シーレとその時代」展で展示されているのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です