コンテンツへスキップ

連休前には未読の(読み始めたが読み終わっていない)本を連休中に読みきろうと何冊か選択するものの連休が終わっても結局読み切れないというのがいつものパターンでしたが、今回はさすが10連休という事で、計画していた2冊を読了しました。

そのうちの1冊がノルウェーのマヤ・ルンデの「蜜蜂」(原題は「Bienes Historie」ミツバチの歴史)。
CCD(Colony Collapse Disorder:蜂群崩壊症候群)を題材にした作品ですが面白かったですね。