コンテンツへスキップ

ナショナルギャラリー ベッリーニ

「ナショナルギャラリー 髑髏 肖像画家」でググったら、「Expediaの旅のアイデア発見しよう」というサイトの「ロンドンのナショナル・ギャラリーを完全攻略。必見の絵画10点も!」という記事が検索されました。この必見の絵画が10点にはホルバイン は入っていますが、ベッリーニが入っていません。個人的には必見10点を選ぶとすればベッリーニの「総督レオナルド・ロレダンの肖像」は外せません。

「ナショナル・ギャラリー ベッリーニ」でググったら、「マンテーニャとベッリーニの技に酔いしれる美術展@ロンドン・ナショナル・ギャラリー」という面白い記事がヒットしました。「ウツミチ*ロンドン暮らし」という面白いサイトの中の記事でした。

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)というサイトの世界の美術館データベースの「ナショナル・ギャラリー、ロンドン」の「主なコレクション」にもちょうど10点がリストアップされていて、最大公約数的な10点という感じですが、こちらには個人的には必見1位のヤン・ファン・エイクの「アルノルフィニ夫妻の肖像」がないのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です