コンテンツへスキップ

魔女の一撃 デルフトの眺望

上野の森美術館で開催中のフェルメール展に行ったのは、腰痛を悪化させる前だったのですが、フェルメールの作品で一番好きなのは「デルフトの眺望」。先日、最寄りの書店に立ち寄ったら、新刊書のコーナーに原田マハの「常設展示室」がありました。絵画作品を題材にした6編の短編を納めた本ですが、6編の内の1編が「デルフトの眺望」。装丁にも「デルフトの眺望」が使われていて思わず購入してしまいました。(この週末に読みました)

「デルフトの眺望」があるマウリッツハイス王立美術館、2年間に及ぶ改装後の新マウリッツハイスには是非行きたいのですが、いつになることやら。

4 thoughts on “魔女の一撃 デルフトの眺望

  1. rabi

    ご無沙汰してます。フェルメール展は4月に京都に見に行く予定です。
    腰痛とのこと、60歳を過ぎると1年1年、能力、体力の低下をひしひしと感じます。お体には、お気をつけてお過ごしください。

    返信
  2. 茂木 政美

    コメントありがとうございます。
    今回のフェルメール展、大阪は「大阪市立美術館」で開催ですね。
    大阪市立美術館と言えば、そもそも自分がフェルメールの実際の作品を初めて見たのは多分2000年に大阪市立美術館で開催された「フェルメールとその時代展」なのです。
    「多分」というのは、2000年にはオランダ・ベルギー共催のEuro2000観戦の際にオランダのアムステルダム国立美術館とマウリッツハイス美術館にも行っているのですが、大阪市立美術館とEuro2000観戦のどちらが先だったか、思い出せないのです。
    さらに「真珠の耳飾りの少女」はマウリッツハイス美術館で見たと思い込んでいたのですが、2000年の「フェルメールとその時代展」には「真珠の首飾りの少女」も来日していて、Euro2000の期間中はマウリッツハイスには不在だったようなのです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です