コンテンツへスキップ

ヴァロットンふたたび

『ヴァロットンについては2010年に開催されたオルセー美術館展で「ボール」という作品を見るまで知らなかったのですが』と以前に投稿したことがあったのですが・・・・
昨日、世田谷文学館で開催されている『澁澤龍彦 ドラコニアの地平』に再度行きました。その展示の中に「澁澤が巖谷国士との共著の中でヴァロットンを取り上げている」と読めるものがありました。
え?、2010年にヴァロットンを初めて知ったのではなく、「ヴァロットンふたたび」だったのかも、と思い、家に帰って、澁澤と巖谷の共著を調べてみたら・・・
ヴォアラ、「裸婦の中の裸婦」でヴァロットンが取り上げられていました。この本は1990年に出版されているので、大分前からヴァロットンに出会っていたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です