小池糀店 @ 宇都宮

先週末に宇都宮美術館で開催されている「ベルギー奇想の系譜展」を見に行きました。ベルギー奇想の系譜展は宇都宮美術館、兵庫県立美術館、Bunkamura ザ・ミュージアムと巡回するのですが、宇都宮美術館で買った図録によるとそれぞれの美術館での展示に若干の差異があるようです。

宇都宮美術館は宇都宮駅からの路線バスで30分弱の所にあるのですが、帰りのバスから外を眺めていたら「小池糀店」という店を発見。「麹」でなく「糀」です。後日、糀と麹の違いをネットで検索。なるほどね。

今度、宇都宮に行ったら「小池糀店」に行ってみようと思っているのです。

おのみささんの「麹のレシピ」という本は持っているのですが、糀屋本店の浅利妙峰さんの「魔法の糀レシピ」(こちらは持っていません)は糀ですね。

地名辞典オンラインの糀を含む地名」によると糀を含む地名って結構ありますね。私の住む埼玉県にも所沢に糀谷があるのですね。

ネットで検索すると東京都大田区の糀谷は

糀谷は、江戸時代に麹屋村とよばれていた。麹屋という地名の由来は、定かではないが、言い伝えによると昔農業の傍らに麹を造っている人たちがいたからといわれる。

そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です