コンテンツへスキップ

昨日、ヒューマントラストシネマ有楽町に「独裁者と小さな孫」を見にいきました。2016年3月にこの劇場他で公開される「マジカル・ガール」のチラシがありました。

独創的なストーリー、巧みな構成、予想を裏切る結末!
スペインが生んだ驚異の才能
カルロス・ベルムト衝撃の劇場デビュー!

私が偏愛するペドロ・アルモドバルは

何年かぶりに心を打たれる衝撃的な映画に出会った。
監督のカルロス・ベルムトは、深く予測不可能なツイストによって、すべてのシークエンスで観る者を驚かせる。
思いがけなく現れた宝石のような映画『マジカル・ガール』
私はこの映画を猛烈に愛する。

3月12日の公開が待ち遠しい。