コンテンツへスキップ

1913年2月

『1913 20世紀の夏の季節』の2月の章より

シャルル・ファブリはオゾン層の発見につながる決定的な実験に成功する。オゾン層はこのときまだ完全に無傷だった。

発見から100年、オゾン層は危機的な状況になってしまいました。

リンク:5分でわかるオゾン層破壊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です