コンテンツへスキップ

横浜美術館でホイッスラー展と同時期に開催されている横浜美術館コレクション展。そのテーマのひとつが「光と影-都市との対話」、ホイッスラーにちなんだ企画ですが、これがなかなか面白かった。その中にモーティマー・メンペスが明治時代に日本を訪れた時の作品がありましたが、モーティマー・メンペスって知りませんでしたし、その作品を見るのも多分初めて。モーティマー・メンペスはホイッスラーの弟子のオーストリア人画家のようです。ネットで検索したら、野上秀雄さんのサイトの「ホイッスラーの美術論」でモーティマー・メンペスとホイッスラーについて興味深い記事がありました。メンペスって暁斎とも関係しているのですね。