コンテンツへスキップ

「ヴィルヘルムンス・ファン・ナッソウエ」、オランダ建国の英雄ヴィレム・ファン・ナッソウにちなむ、オランダの国歌です。この国歌15番まであるそうですが、サッカーなどの国際大会では、主に1番だけが歌われます。1番の歌詞は

ナッソ伯 ヴィレム
ドイツの由緒ある 家計の末裔
我はこの地に 永遠の誓いを捧ぐ
我はオラニエ家の 勇気ある王子
スペイン国王
変わらぬ忠誠を 誓ってきた

なんと1番だけだとオランダ在住のドイツ人がスペインに忠誠を誓うという内容なのですね。ふーん、そうだったんだ。16世紀後半、オランダはスペインからの独立運動の渦中にあり、その中心人物がヴィレム・ファン・ナッソウで2番以降は、宗主国スペインへの抵抗を神と国民に誓う内容になっているそうです。

2010年のW杯は国歌1番の内容、2014年のW杯は国歌2番以降の内容だったのですね。