印象派好きのあなたに

三菱一号館美術館では来年の2月から5月に『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』があるようです。三菱一号館美術館のサイトによると、

ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)は、アメリカ唯一の西洋美術を集めた国立美術館です。収蔵品のほとんどはすべて民間からの寄贈によるもの で、驚くべき量と質を誇ります。本展では、そのNGAの中で最も人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。NGAの大規模な改 修を機に、まとまって館を離れるのが極めて稀な作品群が、日本初38点を含む全68点揃います。ルノワール、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホなど、ア メリカ合衆国が誇る珠玉の印象派コレクションをご堪能ください。