コンテンツへスキップ

最寄駅の小さな駅ビルにある書店(上尾の芳林堂)に立ち寄ったら、『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』という本がありました。板橋区立美術館で開催されている『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち展』(2014/9/6〜10/19)の公式図録だそうです。この展覧会知りませんでした。
マックス・クリンガーについて知ったのも種村の『ある迷宮物語』。『魔術的リアリズム』も興味深く読んだ筈なのですが、今、この本を開いて見ても知らないアーティストばかり。
種村に啓蒙された身にとってはこの展覧会必見ですね。