コンテンツへスキップ

A Century of ISAMU NOGUCHI

ドウス昌代の『イサム・ノグチ 宿命の越境者』を読み終えました。数年前にフリーダ・カーロの画集でフリーダ・カーロとイサム・ノグチがspecial relationshipにある時期があったことを知り、その時イサム・ノグチにも興味を持ち、この本を入手したものの読んでなかったのですが。

札幌のモエレ沼公園や香川のイサム・ノグチ庭園美術館に行きたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です