ペトルス・クリストゥスの若い女の肖像 ルドルフ二世のプラハ

今日は「鑑定士と顔のない依頼人」を見に行きました。人気の映画のようで、それは映画のストーリーによるのだと思いますが、私にとっては、ペトルス・クリストゥスの「若い女の肖像」やルドルフ二世のプラハが映画の題材として使われていることに興味をひかれましたね。

ペトルス・クリストゥスの「若い女の肖像」は澁澤龍彦が「幻想の肖像」で紹介していますからね。プラハはカフカやルドルフ二世に興味がある人にとっては是非訪れたい街だと思うのですが、私はまだ行ったことがないのですよね。